★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

HSS型HSPとは?

HSS型HSPとは?


HSS型HSPの定義:
生まれながらに高度な感覚処理感受性を持ちながら、一方で、刺激を求める人。
ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person, HSP)でかつ、
ハイ・センセーション・シーキング(High Sensatio Seeking、HSS)である人のことです。

HSP研究の第一人者 心理学博士エレイン・N・アーロンの研究によると、
HSPは人口の約20%を占め、さらにHSS特性を併せ持っているのはその30%。

20%×30%=6% が、感受性豊かで繊細で傷つきやすく、かつ新たな刺激を追い求めるという。

このタイプの人は、もともと持っているふたつの特性に矛盾を抱えています。

新たな局面を求めて外に関心が向かいます。(HSS)
新しいことを知りたくてたまらないので、新たな情報を収集するために検索したり、調べたり、外に出て人と関わります。(HSS)
そうした新たな情報を求めるがあまりに外に向かうと、
そこでさまざまな刺激に接触して、傷つくような出来事も起こります。
傷つき、打たれ弱さが出てきてしまうのです。(HSP)

刺激はほしい(HSS)けれども、傷つきやすい(HSP)。
それがHSS型HSPです。


HSP特性と同じで、HSS特性も意識的に行っているものではなく、



生まれながらに備えもっている神経システムによるもので、
後天的に身につけたものではありません。



刺激を追求することも、繊細で感受性が豊かなこともすべて、
もともと持っているもので、治療や訓練でなくすことができない特性なので、
それらの特性を持っているという前提で対処する術を身につけるしかありません。






HSS型HSPの主な特徴

☑ 新しい体験を追求する

☑ 社交的

☑ 冒険(内面的なものを含む)を好む

☑ 危険かもしれなくてもやってみる

☑ なんでも、やってみなければわからないと思う

☑ 退屈しやすい、飽きっぽい

☑ 衝動的

☑ 移り気

☑ 負荷をかけたほうが頑張れる

☑ 何かをやりかけていると、他の興味に気持ちが移るためなかなかゴールに着かない

☑ はたからみると元気で社交的、外交的

☑ 集中力がある

☑ 表面的には冷静に見える

☑ 周りの人には、敏感で気にしいだとは思われていない

☑ 複数の情報が入ってくるとてんぱる

☑ 疲れやすい

☑ 新しい変化に対する警戒心が強いかもしれない

☑ 安定した状態でいることが少ない

☑ 新しい環境になかなか馴染めず、初期の頃には失敗しがち

☑ 人とすぐに仲良くなれる

☑ 人と長い付き合いになると距離ができる

☑ 人間関係を広げるのは苦手

☑ 外向的でテンション高いのに、小さな発言にくよくよ悩む

☑ 自虐ネタで笑いをとっても、いじられすぎると傷つく

☑ パーティ、BBQは企画するのに、2時間で帰りたくなる

☑ 集中力があってのめり込むのに、YouTubeは途中で飽きる

☑ 切り替え下手なのにあわてんぼう。いつもぎりぎりに飛び込んでくる。

☑ 思い切ったことをする割には、くよくよ思い悩む。

☑ 集中力があるのに、なかなか取り組まない。

☑ あらゆることに興味をもつ。

☑ 人に決めつけられるのが大嫌い。

☑ 自分のヒラメキの素晴らしさに感動する。

☑ したことないことがしたいのに、警戒心もめちゃ強い。

どうでしょうか?
7割該当された方は、HSS型HSPの可能性が高いと思われます。

セルフチェックテストはこちらにもございます。
https://hsphsslabo.com/self-check/hsphss_self-check/

*これらの特徴については、動画講座(HSPの生きづらさを克服するには)で解説しています(有料)。
https://filmuy.com/hsphsslabofilm




HSS型HSPが生きづらさを感じる理由・悩み

☑ やる気があるときとないときの差が激しい。

☑ 自己肯定感が低いが、どこか自信はある。

☑ 理想、目標が高い

☑ 自己否定感が大きい。

☑ 審美眼、洞察力の高さを自分評価にも使うため、自分に厳しくなりすぎる。

☑ 集中力はあるのに、いつも複数のことを同時進行してしまいやりかけのまま終わりが見えなくてとっちらかる。

☑ 謙虚でいい人なのに、一般常識的でない場合が多い。

☑ 新しい経験をしたがるが、同時に警戒心も強い。

☑ 自分の機嫌をとることが困難と感じる。

☑ すぐにやってみたくなるのにすぐに凹む

☑ 人前に出るのが好きなのに、出ると後悔する/人前に出るのは嫌なのに、出ると興奮する

☑ 時間に追われるのが苦手なのに、結果的に時間に追われる

☑ ギリギリになるまで動かない

☑ 他のことにすぐに切り替えることができず、時間を守れない

☑ 人と関わるのはスキだが、人の何気ない言葉には傷つく

☑ 元気な人だと思われるが、内面が違うと知っているため自分でどれが自分かわからない

☑ 想像したとおりに現実が動かせないのでいつも理想と絶望を味わっている

☑ だまされやすいが、疑い深い

☑ 複数のことを同時進行しようとしてあちこちやりかけのままになる

☑ 雑念が多いので、瞑想できない

☑ 飽きっぽい

☑ すき間時間に始めたことにいつの間にか熱中している




HSS型HSPの中には、
自己肯定感を育くみづらい環境で育った方もいますし、
自己肯定感をはぐくみやすい環境で育った方もいます。

自己肯定感をはぐみやすいは、
親や祖父母や近くの大人が、価値観を容認してくれた環境だと言えます。

子どもがどんなことを言っても、
いったん「おまえはそう考えるんだね」と受け入れてくれる環境ということです。

HSS型HSPは、
ものを見るときの視点の位置が一般的ではないと思われます。
要は、変なところを見る、普通と違う角度からものを言うことが多く、これは生まれたときからの特性なので、子ども時代に親がそういった「変わったものの見方をする子供」を許容してくれる態度で養育していたかどうかが、HSS型HSPにとっては重要なポイントとなります。

なぜならば、HSS型HSPは、環境に大きく影響を受けやすいからです。
そのため、接触頻度の高い重要な保護者の影響を大きく受けて、自己に対する価値観を構築していきます。

一般的な枠にはまることを望まれたHSS型HSPはごく幼いころに
「そんなふうに考えてはいけない」
「物の見方が変わっている」
などという否定的な意見を取り入れつづけた結果、
「自分の考えは間違っている」
「影響力の大きい人の言うことを聞こう」
と自分で判断することをやめてしまいました。

ですから、今現在生きづらさを感じているHSS型HSPが最初に取り組むべきことは、
「生きづらさは生きてきた環境のせいでもある」と知り、
「自分の感じ方が間違っているのではない」ことを認めることです。

あなた自身が感じていること
考えていることがなんなのかを知ることが大切です。

*注)それを態度や言葉に出すのはまだ待ってください。





HSS型HSPと仕事

HSS型HSPの仕事のことは、今後グループを作って
HSS型HSPが実際にどのような働き方をしているのかを共有していきたいと思っていますので、
楽しみにしていてくださいね!




HSS型HSPの生きづらさの克服法

(記事編集中)