★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

【メルマガバックナンバー】HSPは無い仕事を作ればいい! #9

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

3か月で傷つきやすい人の生きづらさ克服。
凹まなくなる、ぶれなくなる「ブレーん塾」の時田ひさ子です。

こんにちは

HSS型HSP(マルチ・ポテンシャライト)であるあなたは、
仕事に関して、どんな問題を抱えやすいか?

 

についてお伝えしていきたいと思います。


HSS型HSPが抱えやすい問題は3分野に渡っています。

1.どうやって稼ぎ続けたらいいのか決まっていない。誰も決めてくれていない。
見本がいない、という問題

マルチ・ポテンシャライトという生き方、働き方は認められていません。
HSS型HSPが社会的認知がないのと同じです。
圧倒的少数派だからです。

なので、その圧倒的少数人数のための仕組みが世の中にはまったくないんです。
存在しない。
異端児扱いされてしまいます。

認知もされていないから、
マルチ・ポテンシャライトの主張したいことは一切まかりとおらない(笑)

なので、稼ぎ続けさせてもらうことができない。
つまり、自分でなんとか食つなぐしかないということなのです(笑)

自分たちで作っていくしかないです(笑)

マルチ・ポテンシャライト(HSS型HSP)の働き方をです。

同じタイプでうまくいっているモデルとなる人たちの働き方を知ると、

とても参考になるんじゃないかなーと思うんです。



2.生産性を低くするための習慣を持っている。という問題

たとえば、先延ばしとか(笑) それから、人と比較して焦ってしまいやすいこともですよね? 焦ることで生産性も下がるし、罪悪感を感じたり、自己卑下したりおじけづいたりする心の習慣。 それと、目に入ったものに飛びつく習性。 そうした「生産性を低くするための習慣」を、マルチ・ポテンシャライトは持っているといいます。 この習慣を認め、生産性を上げるための方法を知っておくとよさそうですよね?

3.不安になりがちであること、うしろめたさを感じやすいこと、恥ずかしいと思いやすいこと

(つまり感受性が強い特性)が、己のポテンシャルを生かすための障壁になる。という問題





これらの3つの要素は、マルチ・ポテンシャライトの抱える3つの課題だと

生みの親のエミリーが言っております。


まったくそうですね!!


HSS型HSPの仕事のしづらさという観点から言えることは

自己肯定することが、 マルチ・ポテンシャライトの仕事での力を発揮させることに直結している

ってことなのです。 それはつまり、、 マルチ・ポテンシャライトの問題を解決する方法は、 HSS型HSPが生きやすくなるための方法と同じ!!(笑) 次回、1つめの「マルチ・ポテンシャライトの働き方のモデルとなる人」について触れてみたいと思います! ではまた~(^^♪ メルマガへの新規ご登録はコチラ↓↓ ブレなくなるメルマガ新規ご登録 最後までお読みいただきありがとうございました! 事務局 森
 


HSP/HSS LABOでは皆さんからの質問をお待ちしております。

HSS型HSPの皆様が疑問に思っていることに
お答えする動画を配信(無料)しています。

これまでに聞いてみたいと思ったことはありませんか?
メルマガの内容でわからないと思ったこと
ブログの内容で聞きたいと思ったこと
HSS型HSPについての疑問
そもそもの生き方についてお話いたします。

取り扱ってくれたらうれしいことを思いついた方は、
こちらの
お問い合わせフォーム
よりご連絡ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら