★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

【メルマガバックナンバー】「HSS型HSP=外向的」はウソだった!#6

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは。 

HSP/HSS LABO事務局の森です。

  

時田のメルマガのバックナンバーを読みたい!」

というリクエストの声にお応えして、こちらのページでご紹介をすることになりました😍

(実は、メルマガは非HSPの方が見たらちょっと引くような
ディープな内容が盛りだくさんですので、これまで公開を控えていたのです😅)

今回は「HSS型HSP=外向的はウソだった!」の第六弾をお送りいたしますね!

※一部、現在LABOで使用している表現に合わせて事務局で修正を加えています。
(「HSP/HSS」→「HSS型HSP」など)



内向型の人が外向型を装えるのか?について実験した心理学者がいました。


内向的な人たちに「外向的な先生のふりをするように」と指示して
その通りに授業をしてもらったんですって。


そしたら、結果、どうだったと思いますか?



はい


一部の内向的な人たちは、驚くほど本物の外向型に見えたそうです。

この結果を読んで、あなたは意外に感じましたでしょうか?


私は、
「そうだろうな・・・」と思いました(笑)
内向型の人が外向型の真似をすることができるだなんて、
ごくごく当然のことのように思いました。


私がその実験に参加していたら、とイメージしてみました。


驚くほど外向型の先生に見えたことと思います(笑)


実際、塾の講師のテストを受けたこともありました。(学生時代です)


模擬授業をやりました。外向型でバリバリの先生になりきりました(笑)


まるっきりバリっバリの外向型に見えたと思います。
でも、その模擬授業で思ったんです。

「はりきってる先生の役って意外とつらいな」と(笑)

それで辞退しましたので塾の先生にはなりませんでした。

引き受けていたら、どこかでやめたくなっていたかもしれません。


わたしのような、外向型を装っている内向型にとって、
一定時間だけ外向型を装うってことはそんなに難しいことじゃないです。


だから上記の実験のような「外向型の先生のようにふるまう」ことだって
驚くほど本物らしく見せることができるだろうと思います。


むしろ、装っているわけではなく、ごくごく自然に外向型にスイッチを切り替えます。
無理して外向型を演じているわけじゃない。
自然に外向型として行動してしまうのだろうと予測できます。


さて、この実験を受けて、この心理学者は検証しました。

「偽外向型の人たちは、なぜうまく真の外向型に見せることができたのだろう?」
ということを。


その理由は、なんだったと思いますか?



はい。

うまく外向型に見せることができた偽外向型が長けていたのは
「セルフモニタリング力」だったそうです。


セルフモニタリング力とは、自分の言動や感情や思考を観察して、
周囲の状況から必要に応じて行動をコントロールする力のことです。


セルフモニタリング力のある人は、
周囲の状況の中にどうふるまえばいいかの合図をさがします。


郷に入れば、郷に従います。

そして、自分の役割を果たすために労を厭わない。
必要な下準備にはエネルギーを傾け、マメに努力します。


どんな行動をとればよいかがわからないときは、
他人の行動を見てヒントをさがします。


・状況や相手に応じて、まったく違う態度をとれる。

・他人の真似をするのはたやすい。

・実際に感じているよりも、強く感情表現することがある。

セルフモニタリング力の高い人には、このような特徴があるそうです。



えーーーと、、、

これって、HSP/HSSのチェックテストなのでは?と見まがう内容ですよね(笑)
セルフモニタリングのチェックテストの項目です。




つまりですね、、

偽外向型のHSP/HSSは、セルフモニタリング力が高いということなのかもしれません。
あなたは、セルフモニタリング力は高そうだな、と思いましたか?


次回は、
「偽外向型でいることの弊害」について書いてみたいと思います。


 

お楽しみいただけましたでしょうか?
また次回も「HSS型HSP=外向的はウソだった!」の続きをお届けいたします。
どうぞお楽しみに!!

メルマガへの新規ご登録はコチラ↓↓
ブレなくなるメルマガ新規ご登録

最後までお読みいただきありがとうございました!

事務局 森
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら