★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#18 HSS型HSPにとっての仕事、職業

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

人口のたった6%しかいない!!
好奇心旺盛で行動的なのに繊細で感動屋の複雑な性格を紐解き、
もともと持っている能力を発揮させる研究家 時田ひさこです。

本日は、
「HSP/HSS」についての本「Thrill!」の続きをお送りします。
「HSP/HSSにとっての仕事」について書かれている章の続きです。
ここまでの道のりは以下の通りです。

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」訳します(笑)#1 career①回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#2 career②回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#3 career③回目「共感性はすごい強み!」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#4 career④回目「HSP/HSSは飽きる」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#5 career⑤回目「小プロジェクトをうまく回す
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#6 career⑥回目「自由に仕事させてもらう」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#7 career⑦回目「キャリア形成の機会」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#8 career⑧回目「フロー状態」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#9 career⑨回目「フロー状態」の続き
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#10 career 自分を知ろう!
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#11 「仕事の成功と職業の選択について」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#12 仕事の成功と職業の選択について」の2回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#13「仕事の成功と職業の選択ガイドライン①②」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#14「仕事の成功と職業の選択ガイドライン③④」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#15「職人的な仕事はどうでしょう?」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#16「わたしたちの仕事の不安Q&A」①
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#17「わたしたちの仕事の不安Q&A」②自営業になることに不安

今日は、HSP/HSSのための職業のまとめページをお送りしますね。

ここまでの「carrer」の集大成のページ。長い章でした。

本日でついに、「HSP/HSSにとっての仕事」の章を終わります!!


 

第3章 HSP/HSSにとっての仕事・職業

HSP/HSSにとっての仕事 まとめ

 

共感能力の高さは、繊細な人たちの顕著な特徴のひとつだ。
他人の行動について推測したり、うまく他人とつきあうのに効果をあげることができる。

共感能力は特筆すべき優れた能力だが、刺激過多になりすぎないよう注意しなければならない。

退屈を感じることは、多くのHSP/HSSの悩みの種だ。
けれども、フロー状態でいられるなら、HSP/HSSは退屈ではない。

 

自営業はHSP/HSSにうってつけの仕事の仕方だ。
もし、自営業になるならば、不況対策をしなければならない。

そのためには、フレキシブルに仕事ができるいくつかの収入源を探すといい。

 

HSP/HSSは、
理想ばかり高くて、まったく実現できない調子のいいリーダーたちとは一線を画した
ビジョンのあるリーダーになりうる人たちだ。

ところが、退屈しやすいという問題を抱えている。
なので、HSP/HSSは、期限つきの短期間プロジェクトのリーダーを請け負うのが一番いい仕事の仕方だと思う。

 

HSP/HSSは、創作的な本能を持っている。
それは、身も心もすべてをささげたくなるくらいの衝動的な創作したいという欲求だ。

フロー体験は、特にHSP/HSSにとって素晴らしい体験だ。
退屈を感じなくなるからだ。
それから、成長の機会にもなるうえに、自らの複雑さを素晴らしいと思うことができる
だから、フロー体験をすると、退屈ではなく、新鮮な気持ちを持てるんだ。

 

職人的な仕事にはまるHSP/HSSもきっといることと思う。
自分で管理できて、自己を受容することができる。
そのうえ、割と簡単に参入できるから。
新しいビジネスを考え出して参入していってもいいしね。

 

軍事関連事業は、選択する価値が高いと思うよ。(*ここでは、アメリカならではの事情があると思われる)
なぜなら、無料で訓練してくれて、強いバックボーンを得られる。
大変な訓練義務もあるけど、それは教育とか健康管理とか住宅ローンを扱う訓練で、長期的にメリットも大きい。

 

職業を選ぶときは、ほんとに慎重にやったほうがいいね。


 

次回は、「HSP/HSSへのインタビュー集」の章をお送りしたいと思います。
ジョシュア、ロビン、ステファニー、ニッキ、クリスティーヌ、ステイシー、メグ、ダニー、ジャクリーン、クロエ、、、
彼らへのインタビューをお送りしていきますね!

ではまた!!

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら