★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#5

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~
人口のたった6%しかいない!!
好奇心旺盛で行動的なのに繊細で感動屋の複雑な性格を紐解き、
もともと持っている能力を発揮させる研究家
時田ひさこです。

今日は、、
「thrill!」#5career⑤回目「小プロジェクトをうまく回す」
をご紹介してまいります。

「thrill!」は、
アメリカのHSP/HSS研究のDr.クーパー著
HSP/HSSのための本です。

まるごと一冊、全部HSP/HSSのことが書かれていて、
どのページもワックワクです。

今回は、その5回目
HSP/HSSにとってのかなりの重要項目である
仕事のことをお伝えしている箇所です。

#1
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」訳します(笑)#1 career①回目

#2
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#2 career②回目

#3
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#3 career③回目「共感性はすごい強み!」

#4
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#4career④回目「HSP/HSSは飽きる」

回重ねるごとに、
訳がより自然になっていますっ!!(笑)

つまり、、、、

超意訳してるってことです(笑)が、
実は、こういうところがHSP/HSSならではかなーと思います。

大きな枠で物事をとらえるのがうまく

かつ、

回数を重ねるごとに工夫し始める
(同じやり方だと飽きるから)

このふたつのHSP/HSS特性を
いかんなく発揮して「Thrill!」をご紹介しております(笑)

第3章 HSP/HSSにとっての仕事・職業

HSS型HSPは、短期プロジェクトが向いてる

「飽きる」ことをどうしたらいいかって?

簡単じゃないよね(笑)

それはもう、よくわかっていると思う(笑)

でもさ、
「飽きてる」自分を知るのは、
きっかけになるんだ。

自分のことを理解できるようになる(紐解ける)きっかけだよ。

つまりね
ここ大事だよ。

退屈だって感じているときが大事なんだ!

HSS型HSPは、なんで退屈するのか?
どういうときに退屈と感じるのか?


これを考える。

これが自分を解明する第一歩なんだ。

HSP/HSSは、ひとりひとりが複雑でね。

深く、素早く感情が反応する。
それに
エネルギーを急激に燃やし始めるんだ。

そんなHSP/HSSの背後に
じつは、
「飽きる」がそっと後を付けてきている。

獲物を狙うオオカミのようにね!

さ、ここからは証言だ。

多くのHSS型HSPが、短期のプロジェクト的な仕事が一番いいって言ってくれてる。

「わたしはプロジェクトがすごくいいと思う。
始まりと終わりがはっきりしていて、次のことに進んでいける。
プロジェクトの仕事は、飽きないからいい。
なにかをしつづけられるし始まりと終わりがあるから。」

そう、
証言のように、
短期プロジェクトは、いくつものHSS型HSPにとってのいい点がある。

◆持続期間が短いので、退屈が最小限で済む。

◆創作のためのエネルギーも燃やせる

◆短期プロジェクトの場合、所属する部署の動きと違う動きをするため、自分だけ別行動する機会が多くなること

◆たくさんのタスクを達成するので自信が出るし、自信を維持できる。


これらのことは
基本的なことのように思えるかもしれない。

だけど、HSS型HSPにとっては、
ライフライン(頼みの綱)だ。

自然な流れに逆らわずにいていいし、
エネルギッシュに働く最高の方法だと思うね。

 

=========

会社員時代、
部署を離れて一人だけ特命メンバーに入れてもらうプロジェクトの形式が大好きだったことを思い出しました。

わりと一般的には嫌われますよね。
短期プロジェクトとか
特命メンバーに選抜されるってこと。

わたしだけが喜んでやりたがっていた気がしていましたが、
それはわたしが
飽きっぽいHSS型HSPだからだったんですね(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら