★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#36 第4章HSS型HSPの人間関係⑪ Q&A

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

HSS型HSPの本「Thrill!」です。現在訳しているのは、第4章「HSP/HSSの人間関係」です。

そして、ここまでご紹介してきた訳は以下の通りです。
 

まじかるクラウンHSP/HSSの仕事についての章まじかるクラウン
 

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」訳します(笑)#1 career①回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#2 career②回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#3 career③回目「共感性はすごい強み!」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#4career④回目「HSP/HSSは飽きる」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#5career⑤回目「小プロジェクトをうまく回す
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#6career⑥回目「自由に仕事させてもらう」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#7career⑦回目「キャリア形成の機会」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#8career⑧回目「フロー状態」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#9 career⑨回目「フロー状態」の続き
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#10 career 自分を知ろう!
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#11「仕事の成功と職業の選択について」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#12「仕事の成功と職業の選択について」の2回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#13「仕事の成功と職業の選択ガイドライン①②」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#14「仕事の成功と職業の選択ガイドライン③④」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#15「職人的な仕事はどうでしょう?」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#16「わたしたちの仕事の不安Q&A」①
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#17「わたしたちの仕事の不安Q&A」②自営業になることに不安
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#18「HSP/HSSにとっての仕事」まとめ
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#19HSP/HSSの人生トーク(ジョシュア・前編)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#20HSP/HSSの人生トーク(ジョシュア・後編
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#21HSP/HSSの人生トーク(ステファニー)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#22HSP/HSSの人生トーク(クリスティーヌ) 
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#23HSP/HSSの人生トーク(ダニー前半)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#24HSP/HSSの人生トーク(ダニー中編)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#25 HSP/HSSの人生トーク(ダニー後編)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#26 HSP/HSSの人生トーク(ダニーの詩)

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#26 第4章 HSS型HSPの人間関係について①

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#27 第4章 HSS型HSPの人間関係②
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#28第4章HSS型HSPの人間関係③愛着スタイル
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#29第4章HSS型HSPの人間関係④愛ある関係
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#30 第4章HSS型HSPの人間関係⑤選択多め! 
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#31 第4章HSS型HSPの人間関係⑥ワイルドさ
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#32 第4章HSS型HSPの人間関係⑦脱抑圧
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#33 第4章HSS型HSPの人間関係⑧性的関係
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#34 第4章HSS型HSPの人間関係⑨アドレナリ
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#35 第4章HSS型HSPの人間関係⑩

 

 

 

 

 

 

第4章 

HSP/HSSの人間関係について⑪

星Q&A星

 

p104

Q)「俺は若くて、実はどっちかっていうと、やんちゃな方です。
   でも、と同時に繊細で、かつ、表面的なことが嫌いです。
   自分は、このままでいいですか?このままで、誰かを愛せますか?」

下矢印下矢印

A)「刺激探しは、年齢とともに減っていく傾向があるんだ。

  ただし、退屈することはずっと続くけどね。残念ながら(笑)。
 

  じゃあ、繊細さはどうかというと、年齢とともに増加していく傾向がある。
  が、これは適切なセルフケアと、適切に自覚することによって調整できる。

  愛をはぐくむってことは、パートナーとの長期的な関係のことだよ。

  私がこの章で話してきたのは、愛にはいろんな形があるってことなんだ。

  もし君が、これまで通りの愛のカタチ(情熱的でロマンチックな愛のイメージ)に固執するならば

  (とかく西洋人はこっちを好むよね)

  あっちこっちとうろうろして、定まらなくて迷うかもしれない。

  長期的な人間関係は、情熱的な愛から友愛的な愛に進化する必要があるから、

  人を長く愛し続ける形がよければ、ぼわっと瞬間的に沸騰させるようなのよりも、
  フツフツとじっくり作り上げることが必要だよ。」
 

 

p104

Q)「わたしは恋に落ちてしまいやすくて困っています。

   どうしたら、防げますか?」

 

下矢印下矢印

 

A)「経験は、私たちにとって最高の教訓です。

  HSS型HSPにとって、新しい恋人対象者ほど、興味を掻き立てられるものはないでしょう。

  自覚するには時間がかかるけど、私たちは自分の「傷つきやすさ」というものを思い出さなければならないと思います。

  もし、自分が特別すぐに恋に落ちやすいと自覚しているなら、

  意識して感情を他に向けたり、ペースを落とすことを選択することもできますね。」

 

 

p104

Q)「HSS型HSPと恋に落ちて、うまくやっていけますか?」

 

下矢印下矢印

 

A)「相性というのは、預言することはできないけど、

  長期的な関係が欲しければ、自分と似たような人を好きになるのは結構いい選択だと思いますよ。

  まったく真逆な人を好きになるよりもね。

  他のHSS型HSPと一緒に過ごすことが理想のように思えるかもしれないけど、
  その人次第だからなんとも言えない。
  個々で異なるからわからないよ。

  でもまあ、HSP特性とHSS特性の両方のバランスは、相手との結びつき方のカギになるだろうね。

  自分にとって、その相手は、感情的なトリガーをたくさん持っている人かもしれないじゃないか。

  もしそうだったら、その場合はうまくいかないかもしれない。

  とはいえ、一筋縄ではいかないもんでね、お互いに学べる可能性もあるんだ。

  お互いの短所を補うことができるかもしれないよね。

  妥協せずに、相手の欲しいものを与えてあげられることもあるから何とも言えない。

  つまり、トリガーを持っている相手だからといって、良い関係を築ける可能性はゼロじゃないってことだよ。

  この章で議論してきたけど、

  落ち着いた関係は、情熱的な関係よりも、長い期間持続可能だよ。

  でも、いろいろ学べる相手だとしても、厳しい道かもしれないし。

  好きな人が同じHSS型HSPだっていうのもいいんじゃない?

 

 

HSS型HSPは、同じタイプの人が絶対相性がいいというわけでもないよ、ということですね(笑)

 

p106

Q)「人との境界線を作る最も良い方法はなんですか?」

 

下矢印下矢印

 

A)「パートナーとの間の信頼の境目が境界線です。

  私たちが自分がこうしたい、と思う事をオープンに正直に話すと、パートナーは私たちの訴えを尊重してくれ、満たしてくれます。

  もちろん私たちも、パートナーに同じように接する必要があります。

  でも、気をつけなければならないのは、境界線は、時には害になることもある。

  パートナーがルールで縛ろうとし始めるときには注意が必要だ。

 

  バランスの悪さはHSS型HSPにとってはふつうのことだが、

  お互いのニーズを尊重し合えなくなると、関係は崩れてしまう。

 

  あなたが何を必要としているのかを知ることだ。

  そしてそれをパートナーと十分にコミュニケートすることだ。

  手下にならないように、乱用されないように、
  ちゃんと伝えるということが、
  境界線を守れるためのキーなんだ
よ。」

 

 

ここ、超重要ですね!!上矢印上矢印

 

 

星この章のまとめ星

 

星穏やかな愛は情熱的な関係性よりも上位だ。

  健全で長期的な関係を築いていくと、愛は不安定な形から、強固な形に変化するものだ。

 

星自分の愛着タイプを知ることは、自分の人間関係の可能性を理解するのに重要だ。

 

星HSS型HSPにとっての人間関係は、きわめて難しい問題だ。

  なぜなら、自分の特性のバランスを知り、調整していかなければならないから。

  長期的に安定した相性の良いパートナーを見つけるには、類似性を見つけるほうがたやすいだろう。

 

星刺激追求特性は、恐怖を押しのけるには大いに助けになる。

  刺激追求することは、いつもやらないようなことをやるよう挑発してくる悪い友達のようなものだ。

  恐怖を押しのけることは、私たちにとって人生を完璧に豊かにしてくれるにはもってこいだ。

  私たちの境界線を押し広げてくれて、不安に立ち向かうことができるから。

 

星HSS型HSPにとって、セクシュアリティは、かけひきを伴う。
  新しい体験を模索するためだ。
  が、パートナーと深くつながりたいという感情を和らげるという効果もある。

 

星HSS型HSPのワイルドな側面は、人生の未開拓部分を開拓してくれます。

  けれど、リスクから身を守るために、もう片側の敏感な側面に耳を傾け、敬意を払うべきです。

 

以上で、

第4章 HSP/HSSの人間関係については終了となります。

 

次回は、「HSS型HSPの子供時代」をお送りします。

 

自分にあったパートナーが欲しい!

そう思うものの、HSS型HSPにとってはなかなか至難の業なのだな、、、

とクーパー先生が「Thrill!」の中で書かれていましたね、、、。

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら