★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#33 第4章HSS型HSPの人間関係⑦性的関係

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

現在訳しているのは、第4章「HSP/HSSの人間関係」です。

そして、ここまでご紹介してきた訳は以下の通りです。
 

まじかるクラウンHSP/HSSの仕事についての章まじかるクラウン
 

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」訳します(笑)#1 career①回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#2 career②回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#3 career③回目「共感性はすごい強み!」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#4career④回目「HSP/HSSは飽きる」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#5career⑤回目「小プロジェクトをうまく回す
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#6career⑥回目「自由に仕事させてもらう」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#7career⑦回目「キャリア形成の機会」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#8career⑧回目「フロー状態」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#9 career⑨回目「フロー状態」の続き
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#10 career 自分を知ろう!
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#11「仕事の成功と職業の選択について」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#12「仕事の成功と職業の選択について」の2回目
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#13「仕事の成功と職業の選択ガイドライン①②」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#14「仕事の成功と職業の選択ガイドライン③④」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#15「職人的な仕事はどうでしょう?」
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#16「わたしたちの仕事の不安Q&A」①
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#17「わたしたちの仕事の不安Q&A」②自営業になることに不安
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#18「HSP/HSSにとっての仕事」まとめ
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#19HSP/HSSの人生トーク(ジョシュア・前編)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#20HSP/HSSの人生トーク(ジョシュア・後編
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#21HSP/HSSの人生トーク(ステファニー)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#22HSP/HSSの人生トーク(クリスティーヌ) 
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#23HSP/HSSの人生トーク(ダニー前半)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#24HSP/HSSの人生トーク(ダニー中編)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#25 HSP/HSSの人生トーク(ダニー後編)
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#26 HSP/HSSの人生トーク(ダニーの詩)

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#26 第4章 HSS型HSPの人間関係について①

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#27 第4章 HSS型HSPの人間関係②
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#28 第4章HSS型HSPの人間関係③愛着スタイル
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#29 第4章HSS型HSPの人間関係④愛ある関係
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#30 第4章HSS型HSPの人間関係⑤選択多め! 
【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#31 第4章HSS型HSPの人間関係⑥ワイルドさ

 

HSS型HSPの人間関係についてですが、本流講座を受講されている方でも、途中くらいまではこう思っているんです。

「そうはいっても、

非HSPとも話が通じるはずだ!

と。

うん、まあ、そう思いたいですよね。

 

表面的には日本語が通じているし、

なによりもHSPは公平性を愛してる人たちだから、

裏表もあっちゃいけないと決めている人も多いから、

だから、、

 

 

話せばわかるはず!と思っていたい。

 

講座がすすんで、ご自身の感じ方、考え方の特性がわかってくると、

このHSS型HSP特性を、みんながもっているような気がしてしまうので、

やっぱり「話したらわかるんじゃないか」ってやっぱり思いたくなっちゃうんですね。

 

それで、

何気なく自分の複雑で深く掘り下げてしまう特性について人に話をしてしまったり、

わかってもらおうとしてしまうわけですが、

「なんでそんなふうに複雑に考えるの?」

と一刀両断されてしまい、自分を理解する前と変わらない無情さを味わうのです。

 

 

自分の特性を

そのままとらえること、

その複雑さを分解して紐解いていく事が、

非HSPとの距離感を見直す第一歩になることは

不変の事実なのだということは、覚えておいていただきたいポイントです。

 

さて、そんなHSS型HSPにとってあまり口に出すことのないテーマが「性的関係」です。

読み進めてみましょう。

 

 

第4章 

HSP/HSSの人間関係について⑦

 

星性的関係星

 

p99「 Sexuality 」

「男性は、ふたつのグループに属することはない。

ふたつのグループとは、
ホモセクシャル(同性愛の性質を持つ人)と、 ヘテロセクシャル(異性愛の性質を持っている人)のことだ。

世界は、羊とヤギとに分けられることはないし、そして、全てのものは、まっ黒でもなければ、真っ白でもない。

曖昧であることが本来自然なんだ。

それなのに、人間人類だけが無理やりカテゴリーを作って、物事を小さい分類に分けようとしているんだ。

この世界は流動的で、全部が繋がっている。分類できないのがふつうなんだ。

人の性的な行為について理解できれば、その分だけセックスの本性を理解することだってできる。」

(アルフレッドキンゼイ著 「男性の性行動」より)

わたし(クーパー博士のこと)は、

HSPの一部である可能な行動の境界線について書いてきたが、

その中でHSPの複雑さを具体的に著してきました。

性的なことについて言えば

セクシャリティはそもそも複雑なものだ。

 

 

 

だから、HSS型HSPは性的なことについて明確にしようとしない。

刺激の強いか弱いかを感じるし、

繊細さも強いか弱いかを感じていて、

常にセクシャルということについては感じている人たちだと思うんだ。

ではこの未解明の人間関係の分野である「性的関係」についてみていこう。

そして、HSS型HSPの話を聞いてみよう。

「わたしは昔は、パッと衝動的にいろんな人と関係をもっていたわ。

愛とセックスとの違いはよくわからなかったのよ。

元彼との関係は、性的なものだけだった。

元カレたちは、それがわたしの全てだと思い込んでた。

だから、私の他の面は全く知ろうとしなかった。

私の夫もよ。わたしが母親になったときでさえ私の他の面については興味を持たなかったわ。

たとえば、

わたしが子供達のために家を空けないよう犠牲を払っていても、

夫はそのことを気にしてはくれなかった。

今はわかるわ。

彼は『生きていくために重要なお金を稼ぐ可能性を持っていない人に価値を感じないのだ』とね。

お金が彼にとって、他の何よりももっと大事なものになって行った時、彼は変わったわ。

彼はもはや結婚した時の彼ではなかった。

彼は
人間関係については、わたしに頼りつづけているのよ。

彼は友達や家族に何も言わないの。

だから、私が彼の代わりに、彼らに話しかけなきゃならないのよ。

わたしたちはふたりとも、カウンセリングを受けたわ。

 

でもカウンセリングでは救われなかった。

わたしは「この結婚に満足していないの」、と彼に言ったことがあるのよ。

でも、彼の返事は

「自分はトータルでは満足してるよ。

だからもし君がそうじゃなかったならそれは君の問題だ」と。

 

カウンセリングを通して、わかったのは、

夫婦関係が悪化しても、夫が我が身を振り返ることはないってことだったの。

彼はトータル的には満足していた。

だからきっと、問題は、わたしなのかもしれないわね。」(クリスティーヌ)

「他の人のエネルギーに気がつくことと

そのエネルギーに対して閉じることは、

わたしにのセックスをとても色鮮やかで、強烈な経験にしたわ。

他人のエネルギーに気が付いて閉じるという方法は、

わたしにとって確かですごく良い手段なの。

かるい刺激がずっと続く。

感情的に合わない人とのセックスは、回数が自然と減っていくわ。

感情的に一致することは、HSPにとってすごく影響をうけやすい要素だと思うわ。」(プリシャ)

「わたしのHSPレベルの高さは、セックスの全てを含むわたしの人生にずっとある中心的なテーマです。

わたしはセックスに強烈さ、熱烈さを探し求めて続けてきたけど、良いと思ったセックスには必ず熱烈さがあるの。

長期間この熱烈さについて試してみているのよ。

そうはいっても、実はセックスはわたしにとっては、たいした問題じゃないともいえるの。

わたしには十分天然の熱烈さがあるからなの。

その天然の情熱は、わたしが何を求めているかを理解しているから。

それに比べたら、セックスは大したことない。

わたしはこの情熱と同じような熱烈なパートナーを捜し続けているの。

すると、だいたいは、HSPに行き当たるのよね。」

(ロビン)

「セックスは普通、繊細さの観点からいえば情熱的なもんだ。

でも自分はこの情熱を感じている間に、相手も同じように感じているかどうか気になるんだ。

自分が彼女を楽しませているかどうか、自分だけになっていないかどうかを知りたいんだ。

信頼に基づく感情的なつながりがあることが自分には重要だからね」(マット)

「高校を出て最初の10年、じぶんは好奇心いっぱいで、危険に飛び込んでいって、恐れ知らずだった。

若かった時、自分は他人を通して体験する、なりきることをほんとうに楽しんでいた。

そして、なりきっている間にこうした冒険は友情になったんだ。

普通じゃないこともたくさんやった。

自分はいつもヘテロでいたが、もっと流動的な状況を受け入れているイメージができるんだ」(ニッキ)

 

 

この翻訳を手伝ってくださっている祐子先生(7割アメリカ人です)とは、翻訳しながら、本文についてやりとりをしています。

この章についても、話をしながら進めたわけですが、祐子先生と共通の見解だったのは、「マットはいい人」ということでした。

相手が喜んでくれているかどうかが大切で、それをやり続けた結果、「優しすぎて相手がダメになる」キャラです。

 

本人無自覚なので、「喜んでもらえればいい」という人です。

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら