★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

マルチポテンシャライト(HSS型HSP)の最もベストな働き方

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

人口の6%しかいないマイノリティであるHSS型HSPが
本来の能力を発揮してもらえるよう
実践的な生きやすさを研究している時田です。

 

「マルチ・ポテンシャライト」という分類についてご存知ですか?

職業雑食系ともいえるような動きをする人たちのことで、
アメリカでこのカテゴリーが生み出されました。

エミリー・ワプニクさんという女性が、
自らの職業感が一般的でないと気づき、
自分と同じような人たちを総称して「マルチ・ポテンシャライト」と命名し、世に送り出しました。

 

TED TALKs というアメリカでは認知された舞台で、
マルチ・ポテンシャライトについて語ったことで、
一躍有名になりました。

 

◆エミリー・ワプニク氏の演説内容

https://ameblo.jp/htokita0422/entry-12449541925.html

 

このマルチ・ポテンシャライトっていうのは、
さまざまなことに興味を持ち、多くのことをクリエイティブに探究する人
という意味で、

その特性は、
飽きっぽい、
中途半端になりやすい、
根性がないと思われやすい、
変わった人、
器用貧乏、
勘がいい、
飲み込みが早い、
集中力がある、
関連性のない多くのテーマに強い好奇心を抱く。

 

・・・どうです?
HSS型HSPとほとんど同義な感じがしませんか?
私にはイコールのように感じられます。

ちぐはぐ感がHSS型HSPそのものだと感じられませんか?

 

興味の対象が広いマルチ・ポテンシャライト(HSS型HSP)は、
一生ひとつの仕事に熱中することに固執する必要はない

と考えています。

 

でも、世の中には、職業に対する思い込みが根強く存在しています。
最もマルチ・ポテンシャライト(HSS型HSP)を苦しめる常識は、
「一度その職業についたら、一生その分野で仕事を全うするのが良い」という思い込みです。

 

でも、これまでののべ5000超の個人セッションでHSS型HSPに深く話を伺ってきた中から導き出した最もベストな働き方は、
その根強くはびこる常識とは真逆でした。

 

HSS型HSPは、
ひとつの仕事を6年以上続けるのは難しいと感じています。

 

なので、

HSS型HSPに限っては、
「天職」を絞る必要はないんじゃないか

と思うんです。
(エミリー・ワプニク氏もそう言ってます)

 

いくつもの天職を渡り歩けばよいのではないかと(笑)

 

まったく違う分野に興味を持つHSS型HSPもいますし、
ひとつの分野から派生的に別の分野に興味を持つHSS型HSPもいます。

 

どちらであるとしても、
長いこと同じ仕事をしなくてはならない
という常識に縛られなくてもよい可能性を視野に入れてみていただければと思います。

 

 

★エミリー・ワプニク氏の本日のメルマガ(2019年11月6日)★

December can be a really stressful and difficult month, and Slow Down December is an invitation to, well, slow down and care for yourself—and to do it alongside your multipotentialite family.(It’s Mental Health Month at Puttylike )

What self-care strategies have been most helpful to you as a multipotentialite?

12月はストレスの多い、乗り越えづらい月ですから、
ペースを落とすことを心がけてみたらよいと考えます。
ペースを落として、自分に目を向けること。
マルチ・ポテンシャライトグループ(エミリー氏主宰の)と一緒にやってみたらいい。

マルチ・ポテンシャライトとしてどんなセルフケア戦略が有効でしたか?

 

みなさんは、どうですか?
戦略をお持ちですか?

HSS型HSPの働き方について、次回書いてみたいと思います。

では!!

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら