★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」

デカルトは「困難を分割せよ」と言い、ビル・ゲイツは「問題を切り分けろ」と言った

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

デカルトは「困難を分割せよ」と言い、ビル・ゲイツは「問題を切り分けろ」と言った

 

左腕が、左肩と癒着してしまい
左腕を上げようとすると、左肩まで一緒に上がってしまうため、
高く上げることができなくなって早4か月(笑)

11月になってもあんまり改善しないので、
とてもいい人柄の先生たちのいる整骨院を自主的に退去して、
別の方法で左肩を治し始めましたら、、

左腕と肩の癒着がとれました!!(笑)

なーんだ、早くこっちにしておけばよかった、、

というのは、改善してみてから思う事で、
この4か月は前のK整骨院の居心地がよく、
先生たちの人柄がよいのにおぼれて(笑)
「きっと年末くらいまでには、肩もよくなるはず」と疑わずに通い続けていたのです。

つまり、
視野が狭かったんです。

「ぜったいこれで治るはず」と信じ切っていましたから、
他の方法に切り替えるなんて、考えつくこともありませんでした。

 

でも、、
あるとき、、
考え直すきっかけになったことがあったんです。

それが、ラセイフさんからのメールだったんです。

 

メールをいただいて、「あ、ラセイフさんに行くという方法もあるな」と思い出しました。

 

でも、すぐには動きませんでした。
だって、K整骨院の先生方ととても楽しく仲良くしていたからです。
浮気しちゃいけないよね、と思い込んでいたのです。
でも、ラセイフさんからメールをいただいたことでちょっと自分の中に「別の方法で治す可能性」という選択肢が出来た。

部屋の中に入ってきて面接するかどうかはまだ決まっていないけど、
ちょっと外で待っていてもらいましょうか、、という状態ですね。

 

そこに座って待っておいてもらうことで、
「それやったらどうなるか?」を考える可能性が出てくるので、
可能性待ちしてもらっていました。

 

結果、K整骨院と、ラセイフさんとで二股かけさせてもらった結果、
ラセイフさんでやってみようとなりました。

 

ラセイフさんとは、
天城流湯治法です。
2019年春ころから気になっていたセルフケア法。
こちらのブログでも、ご紹介しています。↓
からだが言う事きかなくなっているHSPに告ぐ!からだのケアがブレない自分への一番の近道です!!

今回お世話になっているのは、府中市のラセイフさん。
天城流でがっつり整えていただいています。

施術中に自分でやれるセルフケアを教えて頂くのですが、すぐにどうすればよいのかを忘れちゃうので(笑)
今回は写真をとっていただきました。


ここを引きはがすのだと忘れないように。

 

で、この記事のタイトルになかなか戻れなくなっていますが、
今日の主題は、
「デカルトは「困難を分割せよ」と言い、ビル・ゲイツは「問題を切り分けろ」と言った」です。

 

スモールステップにすると、問題が難しくなく解決するよということ。

分割していくと、ひとつひとつを積み重ねた結果ゴールにたどり着く。

 

小さなステップにすることで、
ゴールにたどりつくための切り分けは、
考えずにできるくらい小さくする
あまく設定するというのがコツです。

 

デカルトもビル・ゲイツも、
難題に取り組む、やりたくないことに取り組むときに
小さなステップに分割したということですよね。

 

小さなステップにすることの良い点は、
焦らなくなるってことです。

 

焦りがあると、
目標を達成するのが難しくなります。

 

でも、焦らなくなるだけで、
目標達成の難易度がすごく下がります。

 

スモールステップにすることは、心理的な効果も大きいんです。

 

実際、スモールステップに切り刻むときには、
どこまで切り刻むかというと、
心理的負荷がかからないところまで切り刻みます。

 

左腕を治す がゴールだとしたら、
そこまでのスモールステップは、
□ラセイフさんの最寄り駅を調べる
とか
□ラセイフさんの最寄り駅からの行き方を調べる
とかくらいまで小刻みにします。

 

これくらい小刻みだったら、
どんなに蚤の心臓の私でもドキドキしないです。

 

具体的にやれることがイメージできないとき、ドキドキしてしまうので、
なにも考えなくてもやれるところまで細かくすることが
自分をドキドキから救うことになります。

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら