★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」

HSS型HSPはみんな同じ方法で楽に生きられるようになるんですか?いえ、ひとりずつアプローチが違います。黒ひげ危機一髪みたいなもんです。

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

3か月で生きづらい人の才能・強みを見つけて伸ばす。

HSS型HSPがブレなくなる「ブレーん塾」の時田ひさ子です。

 

 

「なにか、ひとつの方法で、HSS型HSPが楽に生きられるようにしているんですか?」
というご質問

 

 

をいただき、
感心してしまいました(笑)

 

 

人生で初めてされる角度の質問だったので(笑)

 

 

さて、この「どんな方法で?」なんですが、たとえ話をさせていただきます。

 

 

たとえば、あなたが起業して「集客しよう!」とします。

 

 

どんな方法で集客しようと思いますか?

 

 

ブログを書くという方法もあれば、

Facebook投稿、インスタグラム投稿を増やすという方法もありますし、

チラシを作って配布するのもありですし、

メルマガを作って読者を増やしていくのを推奨している先生もたくさんいらっしゃいます。

広告も、地域の新聞に出稿してもいいし、ネット広告を打ってみるという手もあります。

 

 

やり方はいろいろですが、
その人にとってのベストな集客方法は異なり、
人がやった方法をそのままやってうまくいくとは限らないですよね。

 

 

たとえ同じ業種であっても、集客のし方は違いますし、
それはなんというか「肌感覚」のようなものでの臨機応変さが必要でもあります。

 

 

実際、
私が子供用品リサイクル店を経営していた16年間でも、
最初の頃は子供用品をリサイクルすること自体が
「えー?子供用品を?リサイクル?汚くない?」という抵抗感の高さ半端なかったんです!(笑)

 

 

リサイクル品に対する感覚も今とは大違いでした。
ブックオフは本がメインでしたからねぇ。

 

だから、集客の方法も「力技」が必須でした(笑)
チラシを足で配布していました。
八王子の近辺では、チラシの効果が高かったからです。

 

 

今は、LINE@とかなんでしょうけど、
当時はメルマガをやっていました。
まだメルマガも珍しい時代でした。

 

 

お客様にコピーした手作りチラシを渡したり。

 

 

 

時代とともにも変わりますし、
「これだけやれば売れる!」とか、
「この方法が一番いい!」とか、そういう方法はないです。

 

 

ダイエット方法でも
「バナナだけ食べていれば痩せられる」とか「りんごだけ」とか、
とびついたことありませんか?(笑)

 

 

そんなんで痩せられたら、だれでもガリガリなわけですが、私はとびつきました、、(笑)

 

 

というのと同じで、
集客方法も「これだけやっておけばいい」なんて方法はない。

 

 

HSS型HSPが楽に生きられるようになる方法についても同じで、
「この方法をやれば絶対大丈夫!」ってことがあればラクですが、ないんです。

 

 

たぶん、一律でいっせいになにかが腑に落ちて変わるわけじゃないんです。
おそらく、一律じゃダメなんです。

 

 

人ごとに、適切な取り組み方法があり、
それを見極めて紐解いていき、
その時に必要なやり方をその都度やった方が、
たぶん無駄がないんだと思います。

 

 

何より適切な方向性でボロボロっと紐解けたときのスッキリ感はすごいです。

 

 

 

黒ひげ危機一髪ってご存知ですか?

たくさんの穴があいていて、
そのどこかに入れると「あたり」があります。

 

黒ひげ危機一髪

黒ひげ危機一髪

 

個人を紐解くって、黒ひげ危機一髪に似ているなと思う事があります。

 

 

このどこかの穴に「その人の当たり」があるんですが、
最初、わからないんです。

 

 

なぜなら、御本人もわかっていないんです。
個人セッションに来られる方は、ほとんどがわからないで来られています。

 

 

もちろん、表面的な悩みはお持ちですが、
表面的な悩みの奥に、かならず別のものがあります。真の課題です。

 

 

 

その「どのあたりに真の課題がありそうか?」を見極めるのが、個人セッションです。

 

 

 

そして、その「あたり」を掘り下げ、
腑に落としていくのが「本流講座」ですね。

 

 

なるほど、書いていて、私もセッションと講座のそれぞれの役割が理解できました(笑)

 

 

 

2020年がやってきますね。

なんだか、気持ちが改まりますね。
年末年始、好きです。

 

 

今日は、

HSS型HSPはみんな同じ方法で楽に生きられるようになるんですか? いえ、ひとりずつアプローチが違います。黒ひげ危機一髪みたいなもんです。

 

でした。では!!

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら