★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」

HSS型HSP「会社に行きたくない」と検索していますか?

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

人口の6%しかいないマイノリティであるHSS型HSPが
本来の能力を発揮しできるよう
実践的な生きやすさを研究している時田です。

神奈川在住のごりえさんが「HSP」にたどりついた検索ワードは、

会社に行きたくない

だったそうです。わかるわーー。「会社に行きたくない」って検索しちゃうその気持ち。

私も、しょっちゅうそういう頭の中の言葉を、そのまま検索ボックスに入力していました。

「つまんない」とか「いつも悩んでいる」とか

「こんなことで悩んでいるのは自分だけだ」とか。

長男の子育てにはほんとに困っていて、幼少期はほぼ毎晩ネットで検索していました。

「子供の言動が腹が立つ」とか
「子供の言動に本気でむかつく」とかですね。

本気でどうしたらいいかわからなかったので、
思ったことをそのまま入力して検索していました。

でも、なにを見ても分からず。
解決もせず。

なので、可能性のありそうな本は手あたり次第に読みましたし
相談できるところには相談に行きました。

市の教育センターのカウンセリングを受けたり
保険センターの臨床心理士さんのカウンセリングも受けたし
そこから、大きい病院の発達テストにもつなげていただいて
凸凹が大きいんだな、ということはわかったんです。なるほどー!と思いました。

でも、さて、それから?
それからどうすればいいの?
この子を育てやすくなるには、どうしたらいいの?
ということは分からず、
凸凹の子供を育てている方たちのサークルに顔出してみたりして
なんとなく同じような子供たちがいるんだな、ということは分かったものの、、
自分の子育ては楽にはならなかったのです。

自分の子育てと、サークルのママさんたちの子育ての違いは何かを観察してみたところ、
どうやら私の場合は長男の言動を観察しすぎていて、干渉しすぎているみたいだということに気づきました。

それで、「見ないようにする」という行動にでたこともありましたが、その努力は続きませんでした。

それで、ネットの中で「で?どうしたら楽になるの?」を探し続けました。

結果、アドラー心理学の子育て講座で教えて頂いたことが子育てにはとても役立ちました。

 

HSS型HSPのあなたは、どうですか?

悩みの言葉をそのまま検索ボックスに入れてみたりしてますか?

 

今日は、「仕事に行きたくない」とネットで検索して、HSPにたどり着いた神奈川在住のごりえさんより、個人セッションの感想をいただきました。

 

🍎悩み🍎

職場での人間関係について

人との接し方について

 

 

🍎感想🍎

頭も心もすっきりしています。

自分の理解できないことを、時田さんの質問でポロっと出て、認識し、納得ができました。

今まで否定されてきたことが肯定されたこと、理解されることがとてもうれしかったです。

 

体や心が締め付けられることが多く、心が苦しくない、軽い、と感じたのが久しぶりです。

とても息がしやすくなりました。

 

感情について共感してもらえたことがあまりなかったため、同じように感じる人がいることにも安心しました。

(今まで変だと言われることが多かったため。仲の良い友達に。)

 

 

 

🍎仮の話ですが、セッションを受けていなかったらどうだったと思われますか?🍎

まず、それを考えることがとても怖いです。

主人との関係性が悪くなっていたと思います。

自分のことをすごく責めて、ダメになっていたと思います。

死も考えたかもしれないです。

(自分がそれを許さないな・・とは思いますが)

 

セッションでは、今、あなたが、なにに取り組むべきか?をお知らせします。

個人でできることをベースに、次のセッションを考えていただくようお伝えすることも多いです。

あなたがどこまで取り組めたかを、答え合わせする機会を作っていただきたいからです。

HSS型HSPは、確認する他者がいると取り組みづらいことに取り組めるという特性からも、セッションは1回で終わらせないほうがよいとも思っています。

 

HSS型HSPの生きづらさについて、なにをしたらよいか?について、たくさんの情報がネットには載っていますが、
あなたに、今、必要な情報はどれなのか?をコンシェルジュしてくれる機能は、ネットにはありません。

もし、あなたが今取り組むべきことはこれですよ、ということを教えてくれる人がそばにいたら、
若いママだった私の子育てについての迷いや悩みは、もっと早く解決していたかもしれません。

あなたの悩みも、的確なコンシェルジュに尋ねてみたら、もっと早く解決策が見いだせるかもしれません。

今、あなたが何に取り組めば、生きやすくなるのか? を知ることが、鍵なのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら