★★ 各種講演や取材のご依頼についてはこちらよりご連絡ください

3か月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」

【HSS型HSPの悩み】狙ったキーワードでブログを書けない!②

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

【HSS型HSP自営業者の悩み】アクセスを稼ぐために検索ワードでブログが書けない①

の続きです。

 

 

あなたは、
検索ワードを使ってブログを書くことが得意ですか?

 

 

そもそも、

どうして狙ったキーワードでブログを書き溜める必要があるのか?

 

というと、

簡単に言うと
アクセスを集めると、売り上げアップにつながるからです。

 

売り上げにつなげるには、
検索ワードを使ってブログを書き、
一定数以上の記事が蓄積されている必要があるからです。

 

そうすると、グーグル先生がブログを検索しやすくしてくれて、
検索順位が上がっていきます。

 

 

だから、SNS集客している人には
この「キーワードでブログ記事を書き溜める」ことは絶対に必須。

 

インターネットの中には、ちょっと検索すればそのキーワードでブログを書く方法がざらざらと存在しています。
ほんとに音を立てるんじゃないかと思うくらいザラザラと(笑)出て参ります。

 

 

例えば、キーワードでブログを書くことができていなければ、
こんな辛辣な言い方をされてしまうんです。

 

 

👇👇👇

そもそもキーワードなんて狙っていないとか、考えてもいないのであれば、
あなたのブログは「日記」「メモ」であって、「本当の」ブログではありません。
【2019年最新版】ブログでSEOを達成するために必要な全てのこと

👆👆👆

 

そう。
検索キーワード沿いに書いていないブログは、ただのメモ扱い😅

 

 

なので、
私も
何度も
この適切なキーワードを使って書くことを目指してきました。

 

 

 

が、できません😔

 

 

 

先日、ブログの師匠である長友庸さんにこの悩みを話したら、
「わたしもですーーーー!」とおっしゃられていました。

 

 

同じような思いをされているHSS型HSP自営業者さんたちは、
「どうして自分はキーワードでブログが書けないんだろう?」と思われているのでは?

 

 

実際は、
ぜんぜん書けないわけではないんです。

 

 

 

いくつかは書けるんです。

 

 

 

途中で、「今日はどうしてもこれが書きたい」と思う事でガンガンキーワードをたたいて書いたりしてしまいます。

 

 

 

実は、その時に
「やばい、楽しい!」
と思ってしまいます。

 

 

思うままのテーマで
今、世に向かって叫びたいことを
キーワードに縛られずに書くことが楽しくなってしまいます。

 

 

すると、
週7本、テーマに沿って書いていたブログ記事が、
翌週は、2本自由に書き、5本をテーマで書き、
その翌週は、3本自由に書き、4本をテーマで書き、、
というように、徐々に、雪崩のようにテーマブログが少なくなっていきます。

 

 

理性で歯止めをかけようとは頑張るものの、
自由に書きたいことを書くことがとめられなくなっていく

 


これが、
「検索ワードで書く」からHSS型HSPが離れていく実態だと思われます。

 

 

悩みの理由を知り、
適切に対処すると、
自己否定せずに建設的に物事を解決できます。

 

 

まず、理由を探ってみましょう。

 

 

HSS型HSPが検索キーワードでブログを書き続けることができない理由

 

どうして、HSS型HSPが検索キーワードでブログを書き続けることができないのか?

 

ですが、
最初からやれないわけでもなく、
一気にやらなくなるわけでもないのです。

 

だんだんとできなくなっていく割合が増えていくのです。

 

 

意識的に自制することは最初はできているのですが、
だんだんと自制が効かなくなっていくのが課題のようです。

 

 

自制が効かなくなる理由は、

😔キーワードで書こうとすると、窮屈さを感じる(縛られてる感覚)
ということと、
😢ノルマをこなすよりも、自分の気づきを表現する楽しさに負ける(解放感を感じる)

のふたつの均衡がどんどん偏るんですね。

 

 

HSS型HSPは退屈感受性レベルが高いので、
ちょっとでも前と同じだと感じると、
逃げたくなりやすいです。
そこに、新たな楽しみが現れると
どんどんそちらに幅を取られて行ってしまうのですね。

 

 

「Thrill!」で、HSS型HSPの退屈しやすいさについては、このように表記されています。

 

HSS型HSPは、退屈するのが嫌。

だから、刺激を求めます。

だけど、同時に、傷つきやすい自分自身を守らなければならない。

 

HSS型HSPは、やることが多いので、
その両方を同時にやらなければならないと感じると、

焦り、

切望し、

イライラし、

せっかちになり、

しまいには、関心がなくなるんです。

【HSP/HSS研究最前線】「thrill!」#2 career②回目より

 

 

そもそも、
HSS型HSPがブログを始めるきっかけって何が多いのでしょう。

 

 

私は、
自分の日々の気づきを人と共有したい
と思ってブログをはじめました。

 

 

そのときは、
「こんな視点で見ているよ!」という自分の見る角度を文章と写真で見せたい

と思ったからでした。

 

 

なので、
ブログを書く原動力は、
「アクセス数」ではありませんでした。

 

 

でも、ブログをやり始め、
アクセスが伸びてくると、それはそれでうれしいのです。

 

 

なので、「もっと伸ばしたい!」「もっと読んでもらいたい!」という本来の目的とは別のところで欲が出ます。

 

 

それが、
「検索ワードで書く」という二次的な目的を達成するための書き方になっていく理由ではないかなーと思うんです。

 

 

HSS型HSPの皆様は、いかがでしょうね?

 

 

検索ワードでアクセス数を伸ばして成功している起業家さんには
怒られそうなスタンスではあります(笑)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら