HSS型HSPとは?

TOP HSS型HSPとは?

HSS型HSPの定義

好奇心旺盛なのに傷つきやすい。複雑な特性を持て余す才能豊かなHSS型HSPたち

生まれながらに高度な感覚処理感受性を持ちながら、一方で、刺激を求め、
ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person, HSP)でかつ、
ハイ・センセーション・シーキング(High Sensatio Seeking、HSS)である人のことです。

HSP研究の第一人者 心理学博士エレイン・N・アーロンの研究によると、
HSPは人口の約20%を占め、さらにHSS特性を併せ持っているのはその30%。
つまり、20%×30%=6% が、
感受性豊かで繊細で傷つきやすく、かつ新たな刺激を追い求めるHSS型HSPであるといいます。

このタイプの人は、もともと持っているふたつの特性に矛盾を抱えています。

新たな局面を求めて外に関心が向かいます。(HSS)
新しいことを知りたくてたまらないので、新たな情報を収集するために検索したり、調べたり、外に出て人と関わります。(HSS)
そうした新たな情報を求めるがあまりに外に向かうと、
そこでさまざまな刺激に接触して、傷つくような出来事も起こります。
傷つき、打たれ弱さが出てきてしまうのです。(HSP)
刺激はほしい(HSS)けれども、傷つきやすい(HSP)。
それがHSS型HSPです。

HSP特性と同じで、HSS特性も意識的に行っているものではなく、
生まれながらに備えもっている神経システムによるものです。
刺激を追求することも、繊細で感受性が豊かなこともすべてもともと持っているもので、治療や訓練でなくすことができません。
取り払うことができない特性なのです。

ところが、もともとの特性である
感受性が高く、芸術的センスがあり、人より些細な事に先に気が付き、他人への感情的共感力が高いということは取り払うことができない特徴ではありますが、その特徴があまりにも特殊だったため、その特性を否定しなければならなかったのです。

そのことによって、別の特徴を持つことになってしまいました。
それが、以下のようなHSS型HSPにありがちな特徴です。
これらの特徴は、多くのHSS型HSPが持ち合わせているものですが、
変えることができないものばかりではありません。

HSS型HSPの特長

当事者の多くが訴える自身の特徴

陰と陽、光と影、アクセルとブレーキ、赤と白のような好対照の特性を両方持ち合わせているのがHSS型HSPの特徴です。
下記の項目のうち7割該当された方は、HSS型HSPの可能性が高いと思われます。

□自分の学びや経験を生かして人に役立ちたいが、そもそも自分のコントロールができなくて困る
□家でおとなしくしていられず、刺激求めるが、外に出たら出たで疲れる
□なんでも、やってみなければわからないと思うが、やる前にいろいろ想像して踏み出せない
□負荷をかけたほうが頑張れると自分を追い込んでみるが、追い込みすぎて辛くなる
□絶対に全うするぞと思って取り組んでも少し進むと気持ちが移ってゴールに着けない
□はたから見ると元気、社交的、外交的、集中力がある、優しい、穏やか、寛大などと評価が高いが、自分はそうでない自分を知っているので他人の高評価が受け入れられない
□表面的には冷静にこなしているように見られがちだが、前日の夜から落ち着かずイライラドキドキひやひやしている
□周りの人には、敏感で気にしいだとは思われていない
□安定した状態でいることはほぼないが、そう見せない
□人とすぐに仲良くなれるが、少しつき合うと距離ができる
□外向的でテンション高いのに、小さな発言にくよくよ悩む
□自虐ネタで笑いをとっても、いじられすぎると傷つく
□パーティ、BBQは企画するのに、2時間で帰りたくなる
□集中力があってのめり込むのに、YouTubeは途中で飽きる
□切り替え下手なのにあわてんぼう。いつもぎりぎりに飛び込んでくる
□思い切ったことをする割には、やってから小さなミスを何度も後悔する
□集中力があるのに、なかなか取り組まない
□あらゆることに興味をもつが、ゴールまでいかないうちに気持ちが移る
□人のことは決めつけがちがだが、人に決めつけられるのは大嫌い
□自分のヒラメキの素晴らしさに感動するが、実行にうつせないひらめきがたまっている
□好奇心が強いのに、警戒心もめちゃ強い

HSP/HSS LABOオリジナルのHSS型HSPセルフチェックテストはこちら

生きづらさを感じる理由・悩み

そんなHSS型HSPはどんなことに悩んでいるかというと下記に上げた内容で悩まれている方が多いです。
特に、人間関係に悩まれている方、自分の善良さをうまく利用されてしまう方、お金を稼ぐことが難しい方等は特に多く見られる傾向です。

☑自分の気分のむらが激しいこと
☑自己肯定感が低くて自分を認められないこと
☑プライドが高いこと
☑自己否定しすぎること
☑人を見る目が厳しくなりすぎること
☑人を嫌いになるとどうしていいかわからないこと
☑やる気はあるのに、なにひとつものになっていないこと
☑一般常識的でないこと
☑行動する勇気がないこと
☑時間に追われること
☑いつも緊張していること
☑なかなかとりかかれなくてグズなこと
☑切り替えが下手なこと
☑傷ついたときにどうしたらよいかわからないこと
☑自分ほどよい人はいないということをわかってもらえないこと
☑人の意見に左右されやすいこと
☑子育てがうまくできないこと
☑人と比べてしまうこと
☑仕事で評価されづらいこと
☑配偶者と意志の疎通がとれないこと

生育環境に大きく影響を受けるHSS型HSP

HSS型HSPの中には、 自己肯定感を育くみづらい環境で育った方もいますし、
自己肯定感をはぐくみやすい環境で育った方もいます。

自己肯定感を自然に持たれているHSS型HSPは、
親や祖父母や近くの大人が、HSP独特の価値観を容認してくれた環境だと言えます。
子どもがどんなことを言っても、 いったん「あなたはそうとらえる、考えるんだね」と受け入れてくれたのでしょう。

HSS型HSPは、 一般の方たちと異なる観点、着眼点を持っています。
言い換えると、一般的ではないことを言い出す子供だった可能性が高いのです。
そのような「ちょっと変わったことを言い出す子供」に対して、あなたの親ごさんたちが許容しながら、
あるいは面白がりながら育ったかどうか
そこが、HSS型HSPの自己受容度合いを大きく左右する重要なポイントとなります。

HSS型HSPは、環境に大きく影響を受けやすい特性を持つので、なおさら周囲の大人の態度、受容度の影響力はあなどれません。
接触頻度の高い重要な保護者の影響を大きく受けて、自己に対する肯定感を構築していきます。
変わった着眼点を持つ面白い子、として育つか、
変なことを言うかわいげのない子、として育つか、
この違いはHSS型HSPにとっては自己肯定に関して大きい要因であると言えます。

そして、あなたがもし、後者の環境で育った場合、
一般的な枠にはまることを望まれます。

普通であることを求められ、普通でない場合にはダメ出しをされ、否定されてしまいます。
そうした後者のHSS型HSPは、一般的な人であろうとして自己の観点や考えを排除した結果、
「自分の考えは間違っている」と思い込みます。

そして、自分の考え、感じ方を手放してしまうことを選択します。
手放してしまったものはなくなるかというと、なくなりません。
まだ、あなた独自のオリジナルの感じ方、考え方はご自身の中にあり続けます。

ですが、あなた自身がそれを出さないように隠し続けているのです。
なぜでしょうか?

幼いころから、 あなたオリジナルの感じ方、考え方は普通でなく、
外に出しては恥ずかしくて、 忌み嫌われ、受け入れられない奇異なものであるという周囲の言葉に従わざるを得なかったからです。

HSS型HSPの生きづらさの克服法

生きづらさを感じているHSS型HSPが 最初に取り組むべきこと

生きづらさを感じているHSS型HSPが最初に取り組んでほしいこと、
それは、
「生きづらさは生きてきた環境のせいでもある」と知り、
「自分の感じ方が間違っているのではない」ことを認めることです。

あなた自身が感じていること
考えていることがなんなのかを知ることが大切です。
でもそれを態度や言葉に出すのはまだ待ってください。

心が落ち着けられるようになったら、態度や言葉に出して良い範囲がつかめるようになると思いますし、
腹が座ると思います。

HSS型HSPが自分を生かしていく上で大事なポイント

  • 自分のもともとの感じ方、考え方を取り戻すこと
  • ただし、それは無用意に外に表してはいけない
  • 本来の感じ方、考え方を自分だけは知っていること
  • 本来の自分が感じていることをメタ認知できると、そのことに苦しまなくて済む
  • 自分だけがわかっている自分を認め、共感すること
  • 内面が静かになると、外に出さないことにも抵抗がなくなる

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。