https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

子どもの面白テスト回答 「や」に見えない「か」の先生と三男の攻防戦

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

子どものテストって、

ほんとにおもしろいですね――(笑)

 

 

テストのマル付けをしている先生との掛け合いがうけます(笑)

 

IMG_5930.jpg

 

息子(小3)は、速く雑に書くんです。

 

担任のM先生は、丁寧に書かせたい(笑)

 

そのせめぎあいがこのテストに、如実に現れてます。

 

 

全体的に、M先生から見たら「これ、〇にするか?いや、彼の今後を考えたら、×を付けておくか?」と思うような文字のオンパレードです。

 

で、決定的だったのがこの

「か」に見える「や」だった(笑)

 

①の「さけぶ」だって、あやしーもんです(笑)

 

「ぶ」に見えないですもん(笑)

 

でも、ここは先生はかろうじて〇にしてくださっているなぁ、、(笑)はぁ申し訳ない(笑)

 

この「つぶかく」に対する△―1点に対して、

三男の反応は

「はぁぁぁぁ、、、ダメなのかぁ、、、、、」

というかなりのダメージを受けていました(笑)

 

先生、やりましたね!!(笑)

 

 

ではまた!!

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です