https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

勝負に勝ちたいときのテクニック伝授します

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

朝早起きするのって、気持ちいい―!!

って言えるようになりたい時田です(笑)

 

 

今朝もまた、試合に行く次男を、

どでかい体育館に送ってきました。

弁当作ってから、着替えて車で送るんですが、

車内でしゃべりながら行くときもあれば、

シーンとした状態で運転することもあります。

 

今日は、

シングルスの予選があるらしく(卓球です)

「ああ””---緊張するーーー」

と言う次男。

 

 

不安あまりそういうことを言わないのに、

今日はほんとに緊張しているんでしょうね。。。

 

 

本音をもらしてくれたので、

ひとつ、秘策を授けました。

 

 

聞くと、彼としては

「そうは言っても、割り切るしかないんだけどね」

と緊張を割り切る方向性でいくというのです。

 

 

ふむー

なるほどー

そういうふうに思っているんですね。

 

 

それはとても参考になります。

というのも、

緊張をときほぐすことって、どんなふうに緊張をとらえているかで変わって来るからです。

 

 

割り切ろうと思っている=ということは、

つまり、「割り切れない」ということ。

 

 

そう。

実は、緊張って、割り切れないものなんです。

 

 

だから、彼が「割り切ろう」と頭で思っていることは、

じつは実現しづらいことなんですね。

 

 

ならば、

緊張したときどうすればいいか?

というと、、、、

 

 

いかに自分の得意分野に持ち込めるか?が鍵。

 

 

あなたには、ないですか?

緊張したときに深呼吸してみるものの、

まったく緊張がほぐれなかったことがぼけー汗

 

 

そればかりか

いつもと違うことをしているせいか

余計に緊張が高まってしまうことや、、

 

 

または、

「緊張している人」と見られるのがイヤで

深呼吸さえ人前でできなくて平気なふりをしてしまって、

そのまま本番にはいってしまったということショック汗

 

 

あります?

 

 

そうなんです。

そういうときは、

なるべく早く自分の得意分野に持ち込むのがみそなのです。

そのために、

なにをしたらいいかというと、

なりきるといいんですね。

 

 

せっぱつまっているときは、

「えー。なりきるって、そんな、、、」

みたいに思考しない追い込まれた状況です。

 

 

この思考していない状況で、なりきってほしいんです。

 

 

なにになり切るか?

それは、、、

 

 

「ああいうプレイができたらな」と思って普段からよく見ている人に

です。

 

 

卓球で言ったら、

張本君か、

水谷選手。

 

場合によっては、ライバルのM君になりきるでもいいです。

 

そのとき、

前頭葉に刺激を送るために

眉間から額のあたりを刺激しながら

ライバルのM君になりきる!!

 

 

すると、勝てる。はず(笑)

 

 

さて、今日次男は、かちすすんで 帰ってきますかね?

ではまた!!

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です