https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

HSSにとっての横のつながりとは「あ、ここ、言葉が通じる」と感じる場所です!

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

HSP/HSSとだけ人間関係をつくれたらどんなにいいか?(笑)

そんなふうに思ったことはないですか?

 

 

HSP/HSS同士2人だけだと
とにかく盛り上がります(笑)

でも、3人以上になると、、、、

 

 

静まります(笑)

 

想像がつくんじゃないかと思います(笑)

 

 

3人以上のHSP/HSSが集まり、
「さあ、どうぞ」と場を用意されるとき、

様子見

が発動します(笑)

 

 

でも、コーディネイターがいて、
主導権を握らなくてよくて
好きなだけ様子見しておいていただけると、どうかというと、、、、、

 

 

「あ、ここ、言葉が通じる」と感じるんです。

 

まず握っていた小石を
池に投げ入れてみることができるのです。

 

 

会社では受け入れてもらえない鉄道のうんちくを
鉄道オタクが集まる中で
鉄道オタクだけに通じる言葉でしゃべったらみんなが「うんうん」と笑顔で同意してくれたみたいなものです。

 

 

「いないいないばあっ!のわんわん」とか「おかあさんといっしょのおふとんの歌」とか
幼児のいるママにだけわかる固有名詞を
幼稚園、保育園で言ったときみたいな感じです。

 

HSP/HSSの中で話すっていうのは、
HSP/HSSだけが感じている内面の感覚を言葉にしたときに
ちゃんと浸透していく感じがする
大変気持ちのよいことです。

 

 

そのことを、
伊東ハト子さんが書いてくださいました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です