HSS/HSPコラム

TOPHSS/HSPコラムHSP/HSSの面倒な心の動き 「出来事の良い面を自動的に打ち消してバランスを取ろうとする」

2021.09.13

人間関係

HSP/HSSの面倒な心の動き 「出来事の良い面を自動的に打ち消してバランスを取ろうとする」

 

自分の中に自動的に湧き上がってくる思考に注目していると、

おもしろいことをたくさん思い浮かべています。

今回は、その中でも思わずニヤリとしてしまった、

面倒な「自動的な思考」についてです。

それは、こちらでした。

 

 出来事の良い面を自動的に打ち消してバランスとろうとしている


 

わかった経緯はこのような感じです。

 

1. 三男がくじに当たった。

 ↓

うれしい!「当たってよかったなぁ」

「ついてるなー」「この子、もってるわー」

 

 

2.三男の過去のくじ運の記憶がよみがえる(過去も良かった!)

(類似の関連事項の想起&連結)

別のくじに当たったことも、いくつか。

 

 

3.どのくらい運がいいのか計算してみた。

そこでただ「ああ、三男はくじ運がいいんだなぁ」で終わらず、、

そのときに当たった景品の試算。

どんだけ運が良いかを、数字にして微笑む。

 100円の◯◯倍も得しちゃってる^^ 

「お得だったなぁ」とほれぼれ。

 

 

4.得しなかったことが急に湧き出てくる

次男が私立に行って予想以上にお金がかかったな、、、

と、急に。

 

これです!

 脳が、こんなことですらバランスをとろうとするみたいなんです。

 

 

同じ土俵にあるものではないのに「バランス」として引き合いに出してきた脳


 

全く釣り合うはずもなければ、比べるべきことでもない。

おんなじ土俵にあるものでは全くないのに、「バランス」として引き合いに出してきた脳。

我が脳ながら、、、笑えます。

 笑えますが、搭載されているはずです。HSP/HSSの機能として。

 

 

 

これらは、自動的に行われているので、

意識が介入しているわけではありません。

非常にめんどくさく、巧妙な思考が、オートで展開されています。

 

良い気持ちになると、自動的に打ち消す機能が働く。

 

 

これが行われている限り、

「いいねー!これでいいよねー!」

という気持ちのいい状態が継続することはないというわけです。

 

オールオッケーで自己肯定しそうになると、自動的に否定しはじめるんですから。

自己肯定を否定する機能がついてるんですもん。

それは、、肯定なんてできないですね。

 

いつまでも自己否定をつづけるシステムを持ち続けるのは馬鹿らしい。

でも、それをどうやってやめたらいいのかわからないのが普通です。

 

 

講座を受講されて、自己肯定し始めました!というかおりさんから感想をいただいております。

 

名前  かおり

子どもの頃からひとりぼっちの感じがあり、悩んでいました。

30歳になってからその気持ちでおかしくなりそうになって、

解決しようといろいろ調べてHSPを知り、時田さんのブログを見つけました。

 受講前は

一人でいるとき以外は、ホッとすることがなくて

家族といても孤独感、疎外感があっていつも寂しかったです。

子どもの学校行事にストレスを感じたので参加するといつも頭痛がしていました。

受講後は

ここにいていいんだって思えたし、感じられました。

どこにいても自分のままでいいと思えるようになり、懇親会に頭痛無く参加できました。

 

なんでもないことができなくて苦しんでいるのがHSPです。

懇親会に出る事がつらいなんて、世の中の保護者は言いませんよね。

だから、言い出せないんですが、実はHSPにとってはキツイことなんですよ。

悩んでいるHSPのお母さんたちは、たくさんいます。

 

それを認めることから始まって、

それを言ってもいいんだって思えて、言える

そして、ほんとに参加しても大丈夫になった。

そのステップを踏みあがってきたことが感動以外のなんだっていうんでしょうか。

 

もし、わたしが学校の先生だったら、

懇親会はHSPと非HSPに分けますが、まあ、無理ですよね。

だとしたら、今のところ、少数派のHSPの方が非HSPの影響を受けないよう防御し、

自分をフラットでいさせることで少しでも生きやすくしていきたいものです。

 

 

 バランスを取るということへの優先順位


 

バランスを取るという感覚は、皆さんもよくわかるのではないでしょうか。

メルマガに返信をくださった方が、こんなことを書いていらっしゃいました。

 

 

食事・モノの配置・時間配分・人間関係・メイク・ヘアスタイル・服装…etc

挙げたらキリがない位、日常生活の中で「バランス」の優先順位は高いです。

「みんな、そうじゃないんだ・・・(@_@。」ということに驚きました

昨晩の献立はカレーライス。

まさに、ご飯とルーのバランスとの闘いです!笑

あと

電車を待つ間、前後周囲のバランスをとって並んでいるかもと思いました。

ホント、どうでもいいことですが、、

 

 

バランスを気にするHSPの方、多いと思います。

そもそもHSPは「美的感受性」が高いという研究結果があります。


微細で繊細な香り・味・音・芸術作品などを好む
美術や音楽に深く感動する
豊かな内面生活を送っている

 

といったことに覚えのある方は多いんでは。

  

 

この「美的感受性の高さ」と「バランスが気になる」ということには関係がありそうです。

 でも、無意識にバランスが気になってしまうので、

自分がバランスを気にしていたとは知らないのです。

 

 

カレーライスなんて、ほんとにバランスに気を付けないと食べられないものの代表ですよね。

自分が立つ位置についても、

確かに全体のバランスを考えて自分の場所を決めているかもと思いました。

こんな些細なことでさえ、自分のバランス感覚を無意識に使っているんです。


こんなふうに、

自分がどうしてそうしているのかに気づくことができたら、

面白がっちゃったらいいです。

そして、「そっかそっか」と認めてあげる。

つまり

理性的にはわかってる。

でも、本能的には許せない

ということを面白がることになるんです。

 

 

「そっか私って、無意識に電車全体のバランスをとって立つ場所きめてるのか。そっかー」

と。これで、ずいぶんと変化が出てきます。

 

 

こういう小さなことから始まって、

「オールオッケーな自己肯定をしそうになると、自動的に否定しはじめる機能」にも気がつけるようになったなら、

・・・なんだか楽しくなってきそうではないですか?

 

HSP/HSS LABO代表 時田ひさ子

日本で初めてHSS型HSPに特化した心理カウンセラー。
一般的なカウンセリングや心理療法では理解されづらいHSS型HSPの複雑な性格を紐解き、のべ5,000人にカウンセリングを実施している。 自身もHSS型HSPであり、3児の母。

関連記事

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。