HSS/HSPコラム

TOPHSS/HSPコラムHSPの因子を知れば、ささやかな質問でも仲間の存在を感じられるかも。

2021.08.27

生き方

HSPの因子を知れば、ささやかな質問でも仲間の存在を感じられるかも。

 

HSPチェックテストは、

鉛筆とシートと電卓が必要で、

椅子に座ってある程度の時間、きちんと取り組んでもらわなくてはなりません。

 

 

 でも、会話の中でちょこっとHSPのことを話したい場合。

そんなときに便利なのが、この「因子分類」です。

因子とは、要素のことです。

 

どんなことをあぶり出すかがわかれば、

立ち話でも、井戸端会議ででも、HSPのことが伝えられます。

 

これは、中京大学大学院の橋亜希さんが感情心理学研究として発表した論文で、

その中で、HSPチェックテストの設問から3因子をあぶりだしています。

3つの分野に該当しているかどうかそれがわかればHSPかどうかがわかるということです。

 

 

「低感覚閾」


物理的な刺激を、感覚として多く知覚しているかどうか、について。

 

・大きな音や雑然とした光景のような強い刺激がわずらわしい

・大きな音で不快になる

・一度にたくさんの事が起こっていると不快になる

・明るい光や強いにおい,ごわごわした布地,近くのサイレンの音などにゾッとする

・忙しい日々が続くと,ベッドや暗くした部屋などプライバシーが得られ,

 刺激の少ない場所に逃げ込みたくなる

・一度にたくさんのことを頼まれるとイライラする

 

 

わたしは、この領域に関しては、このように聞いてみることがあります。

「完全に一人になる時間が1日1回は必要ですか?」

「痛み、寒さに弱いですか?」

「他の人が気にならないような音にイラつくことはありますか?」

 

 

 

 

「易興奮性」


刺激に対する反応に脳内がかき乱されやすいかどうか、について。

 

・短時間にしなければならないことが多いとオロオロする

・他人の気分に左右されやすい

・ビクッとしやすい

・競争場面を見られていると,緊張や同様のあまり,いつもの力を発揮できなくなる

・強い刺激に圧倒されやすい

・痛みに敏感になることがある

・子供の頃,親や教師はあなたのことを「敏感だ」とか「内気だ」と見ていた

・生活に変化があると混乱する

 

 

わたしは、この領域に関しては、このように聞いてみることがあります。

「人に見られていると仕事がしづらいですか?」

「学校行事やパーティなどに参加すると疲れると感じますか?」

「暴力シーンや格闘技を見るのは苦手ですか?」

 

 

 

 

「美的感受性」 あるいは 「精神生活の豊かさ」


微細で繊細な香り・味・音・芸術作品などを好むこと、について。

 

・自分に対して誠実

・美術や音楽に深く感動する

・豊かな内面生活を送っている

 

 

この領域について、わたしはこのように聞いてみることがあります。

「夕焼けを見て感動したりしますか?」

「感激、感動がひとより大きいと思いますか?」

 

 

 

 

バレないようにしているから、出会えなかった。


 

だんだんとHSPということばが世の中に浸透してきました。

もしかしたら、この質問たちに頼らなくても、見つけられるかも知れません。

 

ですが、

AB型どうしは知り合えるのに、HSS型HSPどうしはなかなか知り合えないものだったりします。

なぜなら、HSS型HSPは世の中に対して全面的に「バレない」ようにしているからです。

「こんなに極端な性格をしているのは、わたしだけだよね」

と、HSS型HSPの集いの中にいても、お互いが感じ合っている。

お互いに「そう思ってた」という答え合わせをして、驚いたりもします。

 

持て余す自分を、そっと、いや、努力で、隠して暮らしてきたから。

 

だからもし、

ちょっとした会話の中で、お互いに「あ」と、ほわんとできたら、嬉しいです。

 

HSP/HSS LABO代表 時田ひさ子

日本で初めてHSS型HSPに特化した心理カウンセラー。
一般的なカウンセリングや心理療法では理解されづらいHSS型HSPの複雑な性格を紐解き、のべ5,000人にカウンセリングを実施している。 自身もHSS型HSPであり、3児の母。

関連記事

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。