HSS/HSPコラム

TOPHSS/HSPコラムスケジュール崩壊!!!

2021.08.02

仕事

スケジュール崩壊!!!

 

あなたは、

つい、スケジュールに「あれも」「これも」と詰め込みすぎてしまうってこと、、、ありますか?

今日は、

 

 

ついついやることをたくさん詰め込んでしまう!HSP/HSS向けスケジュール管理ノウハウ

 

 

についてお伝えしてみようかな、と思います。

やることいっぱいになりすぎて、いつも時間どおりに終わらない!

という心当たりのある方は、ぜひお読みください。

 

 

 

HSP/HSS、スケジュール崩壊までの流れ


 

あなたがHSP/HSSであれば、

「やることいっぱいになりすぎていつも時間どおりに終わらない!」の理由は、こんな様子ではないでしょうか?

 

 

 

一度にたくさんのことを思いつく

思いついたことはすぐにやらないと忘れてしまうことが自分でわかっている

だから、書いておく

↓ 

書いておいたものの、なるべくはやいうちにやらないと、自分の熱が冷めることがわかっている

↓ 

だから、勢い、なるべく近日中に終わらせようとスケジュールに詰め込むことになる

今の勢いだったら、絶対できるはず!勢いのある自分をずっとキープしているような気になって、無理目の予定をいれがち

↓ 

ところが、なにかをやりだすと、その集中力によってまた、新たなアイディアが出てきてしまうのがHSPである!

↓ 

新たなアイディアが沸いてきたら、それは熱いうちにうたないと忘れるか、冷めることがわかっているので、すぐに手をつけてしまうか、あるいは、メモる

↓ 

すぐに手をつけてしまうと、もともとやっていたことに戻れなくなる

<<<ここで、当初のスケジュール崩壊!>>>

↓ 

もともとやっていたことに戻っても、新たなアイディアが気になって落ち着かないので、どっちつかずの状態になる

<<<ここで、当初のスケジュール崩壊!>>>

 

 

そう、こんなふうにして、、、、当初立てた予定時間内では終わらなくなります。

そして、スケジュールが崩壊すると、新たな余波が起こります。


時間的にテンパることになり

次の予定が押せ押せになり

人との約束を破りがち、遅刻しがちになり

 罪悪感でメンタルがメタメタになる(この流れは、一例です)。

 

なんもいいことないのに、なんでやめられないのか?と思いますよね?

やめられないのは、実は、赤い文字のところがHSP特性だからなんです。

 

 

 

 

特性を矯正するのは勿体無い! HSP/HSS向けの対策


 

前項の赤文字のところだけ抜き出してみました。

 

・すぐにやらないと忘れてしまうことが自分でわかっている

・なるべくはやいうちにやらないと、自分の熱が冷めることがわかっている

勢いのある自分をずっとキープしているような気になって、無理目の予定をいれがち

・その集中力によってまた、新たなアイディアが出てきてしまう

・熱いうちにうたないと忘れるか、冷めることがわかっている

つまり、

自分の中で同じ温度でずっと同じモチベーションを長期間キープしておけないし、

その理由は、新たなアイディアが沸き上がってくるからだし、

そして、新しいことが大好きなので、新たなアイディアをすぐに試してみたくなるからなのです。

 

改善するにはこの、

新たなアイディアが次々と沸き上がってくること

新しいアイディアをすぐに試してみたくなる特性

に対応していくことになります。

が、これに特化したスケジュール管理法は世の中にありません。 

これはHSP/HSSの方独特の思考傾向なので、、、

 

 

でもこの、あれこれ発想してしまうことと、すぐに試してみたくなる「すぐやる」行動。

これはHSP/HSSの生命線であり、このアイディアの湧き出す源泉によって生き延びてきたわけです。

だから、これをなくすのではなく、良さを残しつつ自分で調整できるようになることが悪影響を出さないようにする方向性です。

 

 

改善方法としては、

・やることを細かく書き出す

・時間を短く区切っておく

・あらかじめ新たな発想(が出てくることがわかっているので)を処理するアイドルタイムを作る

 など工夫ができます。

 

わたしは、こうしたことに加えて、

・なにも考えなくてもやれるところまで細かく予定を切り刻んでおく

ことにしています。

  

たとえば、ブログを書くときにやっていることは・・・

ブログに書きたいことは、スマホに音声でメモっておくことが多いのですが、

「ブログの話題をスマホから取り込む」という時間を作るようにしていて、

それも予定に書き込むようにしています。

 

細かく切り刻んでおくことで、新たなアイディアが浮かび上がってきて横道にそれそうになってもまた元に戻りやすくなるからなんです。

ぜひお試しください。

 

 

 

 

そしてこうやって・・・


 

あれ?

そういえば、もしかしたら、スケジュールにあれこれ詰め込みすぎてしまう方は、

荷物も多くなりますか?

 

わたしはいつも、荷物が多いものですから…

バッグは、小さな可愛らしいバッグを持とうと思っても、ものが入りきらなくて、あふれさせてしまったりします。

あふれてしまった荷物は、仕方がないので、紙袋にいれていったりします。

ぜんぜん、おしゃれじゃない。

せっかくのおしゃれバッグが、ぜんぜんおしゃれじゃなくなります。

 

 

・・・・ね、こうやっていつも、新しく思いつきます。

それがまた・・・・楽しいわけです。

 

HSP/HSS LABO代表 時田ひさ子

日本で初めてHSS型HSPに特化した心理カウンセラー。
一般的なカウンセリングや心理療法では理解されづらいHSS型HSPの複雑な性格を紐解き、のべ5,000人にカウンセリングを実施している。 自身もHSS型HSPであり、3児の母。

関連記事

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。