HSS/HSPコラム

TOPHSS/HSPコラム仕事の「これ苦手」が、「仕事全部苦手」になるまで。

2021.06.25

仕事

仕事の「これ苦手」が、「仕事全部苦手」になるまで。

 

今日は、お仕事について。

 

例えば、営業のお仕事でお話ししてみます。

営業は苦手。と思われているHSPは多いです。 

いわゆる「営業」って口八丁手八丁で、ちょっと調子がよくって、ごり押しなイメージ。

そういう営業はとてもじゃないけどできないです。

 

でも、HSPはそもそも営業が苦手なのか?

というと、実はHSPは営業が苦手なわけじゃない。

HSPで営業職の方で業績が高い方も多いです。

そして、そういう方たちが口をそろえておっしゃるのは

「別に営業が得意なわけじゃない」

 

いわゆる口八丁手八丁でちょっと調子がよくてごり押しな営業はできないよという意味でです。 

HSPが得意なのは、、、買ってくださった方が喜んでくださる営業。

買ってくださった上に「ありがとう!」なんて言われたらそれはそれは冥利に尽きる。

HSPは人の喜ぶ顔が見たくて生きてる人たちだから^^)

自分がやっていることは、

お客さんが喜んでくださってなおかつ買ってくださるようなやりとりなだけ。

というのが、営業得意なHSPの方たちの営業に対する認識イメージなのではないでしょうか。

 

実は、営業職についているHSPさんが苦手なポイントは共通しています。

それは「現状のままでは、先が見えてますよ」という未来の暗い展望を言葉にすることができない、ということです。

HSPさんたちは、とてもやさしい。

だからこそ、相手が困るようなことが口に出せないので、

相手が本気であなたの商品を買おうとしてくれるための言葉が言えない。

「うーん、●●さん。このままでいくと、あなたは、●年後に●●になりますよ」

といったとき、相手の方が、落ち込むんだろうな。不安になるんだろうな。嫌な気持ちになるだろうな。

そう考えるのがHSPなので、機会を損失し、成果に繋がらず、自分の能力を諦めているということも多いのです。

なんてもったいない!

 

HSPの方のご相談で仕事のことはとても多いです。

仕事を辞めたい、転職したい。

確かに、HSPHSSは、飽きっぽいです。だから、転職したくなる気持ちを否定しません。

わたしも社会に出てから、仕事は5個目、いいや6個目です。

でも、その転職!ちょっとまった!! 

という状態であることも多いのです。

 

苦手な作業、苦手な同僚、苦手な上司、、、、

先程の営業のお話でいえば「相手を落ち込ませるような話はしたくない」という、

仕事のその部分だけが苦手なのに、その営業全部が苦手だと思ってしまう。

営業が苦手だから、ここで仕事をしていくのは無理だと考えてしまう。

 

この拡大思考こそ、HSPの得意技です。

(拡大思考とは、もともとのことから考えを広げていくこと)

 

 

HSPの場合、

拡大して広げたことが、思考であるから現実ではないのに

まるで現実であるかのようにリアルに感じとれるという特技もあります。

  

なので、

苦手なことが最初は1個だったのに、

翌日には苦手が3割、

その翌日には苦手が5割、

さらに1週間後には苦手が9割、、、、

 

のように頭の中で「嫌い」「苦手」を拡大させてしまいます。

毎日仕事しながら「嫌なこと探し」をするので、簡単に苦手でイヤなことが増えていきます。

そして「この仕事全体がイヤ」な根拠はたくさん発見されていき、

「だからこの仕事がいやなんだ」と決定づけていってしまうのです。

  

 

でも!

 

そんなふうに拡大思考していることも、

イヤなことの根拠探しをしていることも、

無自覚のままに行われていることです。

 

自分はこの仕事は無理だと思っている人の多くは、

仕事の一部に苦手な部分があるだけで、全体がダメだというふうに感じがちなんです。

 

 

細分化してみなければ、見えてきません。

なにができるか。

自分なりの武器はなにか。

何のイヤを、拡大させてしまったのか。

 

わたしが個人セッションでやっていることはまさにこの無意識でやってしまっていることの細分化です。

あなたがその仕事に見切りをつけたくなった最初のきっかけは、ごく小さなことだった可能性があります。

あなたが本質的な問題点を間違って認識しているだけだとしたら、、、、

もしかしたら、転職しなくてもよいかもしれません。

 

 

ちなみに、HSP業界(そんな業界はない)では至極当然の共感性ですが、

通常使うような共感のほか、 

誰かが傷つけられたり、恥ずかしい思いをしたりするのをみていられない、

自分が辱められているかのように感じてしまうと言う感覚「共感性羞恥」もHSPには当たり前の感覚です。

(この共感性羞恥をTVが取り上げて、

「ええ?そうなの?そんなこと感じる人もいるんだ!」と世間(80%の人たち)が驚いていたこともありました。)

わたしたちからしてみれば「ええ?それ、感じないの?!」という感覚。

誰が誰を好きかとか、さっとわかってしまったりしまうのもこの共感性のせい。

 

 

さて、その共感性ですが、

HSPには普通にありますからわざわざ新しく学ぶ必要はない。

でも、それがない人にとっては、学ぶ必要があります。

 

セールス、営業をやる人たちは、共感性を学ばなければならないようです。

なぜなら、お客様は共感されると買いたくなるから。

なので、セールスマンは共感性を身につけるために、営業マニュアルを習得します。

その営業マニュアルというのが、

共感するためのノウハウ言語化し、クロージングに持っていくための技術のようなんです。

(そしてこのクロージングの一部のみ!一部のみに、HSPが使いたくない技術が入っていることがある^^;)

 

わたしは営業マニュアルのようなものを見たことはないのですが、

かつて勤めていた会社は、

「あ、時ちゃん。その会社に営業行って仕事とってきて」

というように気軽に営業を頼まれるような会社だったので、、、

そしてそういう会社が大好きだったので(HSSが刺激される)、、、営業にもよくいっていました。

 

簡単に営業に行けたのも、

HSPならではの共感性があったのと、

HSSならではの「やったことないことをやってみたい」という好奇心があったからなんだと思います。

 

 

 

 

もう一度、お伝えしておきます。

 

自分はこの仕事は無理だと思っている人の多くは、

仕事の一部に苦手な部分があるだけで、

全体がダメだというふうに感じがちなんです。

拡大してしまう思考を、わたしたちは持っています。

 

 

細分化してみなければ、見えてきません。

なにができるか。

自分なりの武器はなにか。

 

HSP/HSS LABO代表 時田ひさ子

日本で初めてHSS型HSPに特化した心理カウンセラー。
一般的なカウンセリングや心理療法では理解されづらいHSS型HSPの複雑な性格を紐解き、のべ5,000人にカウンセリングを実施している。 自身もHSS型HSPであり、3児の母。

関連記事

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。