HSS/HSPコラム

TOPHSS/HSPコラムセルフチェックテストの点数のつけ方あるある。

2021.06.07

生き方

セルフチェックテストの点数のつけ方あるある。

 

最近よく聞かれるのが、セルフチェックテストの点数のつけ方について。

いまは4だと思う項目でも、別の落ち込んでいる日だったら2をつけるかもしれない。

そういう場合はどちらにつけたらいいんですか? 

という質問です。 

 

わかるー!

刺激を受け取りやすいわたしたちは、ささいな一言でこの世の終わりのような気持ちになる機会も多い。

そういうときの自分は別人だから、きっと調子がいいときとは考え方も感じ方もちがうはず。 

そういう思いが、このような質問になるんですよね。

このように考えるあなたは、HSPテストをする必要もない。

繊細で、敏感です^^

どうやら、非HSPの方は、そんなふうには思わないようですよ。

 

 

それからもう一例。

今日お会いしたHさんは、HSPセルフチェックテストはそれほど高得点ではありませんでした。

でも、お話していると、HSP/HSSの特性がバリバリでした。

たとえば、

 

◎話の展開が早い

◎自分の話が通じる人となら、話題が尽きない

◎普段、仕事場では無口

◎熱中して燃え尽きた経験がある

◎人と何が違うのかわからないけど、何か違うということはわかる

◎自分の二面性はずっと感じてきた

◎罪悪感を感じると固まる

そのときその時に自分の中で盛り上がり、気持ちがそっちにガーッとはいってしまう

◎結果的に計画性がないように見える

◎飽きる、あきっぽい

◎だから、自分ダメな人間だと卑下しやすい

 

ここまで聞いたら、もう間違いなくHSP/HSSです。

ところが、セルフチェックテストは低いというので、

どの項目が低いのか、どうして低いのか、ひとつひとつ確認してみることにしました。

たとえば、『美しい音楽を聴くと、興奮する。』

「すごく感動している人が目に入ってしまうと、わたしはあそこまでは感動してないな、と思うので1です」

…とのこと

つまり、感動してるんです。

でも、自分の中からの感覚で答えるのではなくて比較してしまっていたんですね。感じ方を、です。

相対評価して「わたしなんて、全然感動してるうちにはいらないし」と決めていたんです。

この理由。この謙虚さ。まさにハイリー・センシティブ・パーソン!繊細すぎます。

 

・日々、どんな失敗が起こり得るか予測して、対応策を考えることに、多くの労力を費やしている。
・新たな可能性や選択肢に気づくのが得意だ。

・すぐにインスピレーションを受けて、よいアイデアをたくさん思いつく。

 

これらも、軒並み「わたし、そんなでもないんで」という相対評価で1にしていました。

自分がどうかだけでつけていいからね。

セルフチェックテストが低く出た方。

人と比べることを手放してから、やってみてください。

 

HSP/HSS LABO代表 時田ひさ子

日本で初めてHSS型HSPに特化した心理カウンセラー。
一般的なカウンセリングや心理療法では理解されづらいHSS型HSPの複雑な性格を紐解き、のべ5,000人にカウンセリングを実施している。 自身もHSS型HSPであり、3児の母。

関連記事

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。