HSS/HSPコラム

TOPHSS/HSPコラムHSC男子について知っておくべきこと(32)第7章 深い呼吸のエクササイズ

2022.07.15

子育て

HSC男子について知っておくべきこと(32)第7章 深い呼吸のエクササイズ

上記の本『The Strong, Sensitive Boy  / Ted Zeff,PH.D.』を読み進めています。

HSS型HSPの親がHSP男子を育てるのは
なかなかの難事業だ、、と思っております。

そこで、このHSP男子を育てることについて
同じように悩みながら毎日挑んでいるみなさまと共有したいと思い、
シリーズでお届けしています。

翻訳家ではないので、必要な箇所のみピックアップしてわかる範囲で日本語にしていますことをご了承の上お読みください。

 


 

(32)深い呼吸のエクササイズトーク

 


 

「落ち着く場所にすわって、目を閉じてください。

5つ数えるので、ゆっくりと、息を吸ってください。

5までは吸い続けてくださいね。

次に、5つ数えるので、ゆっくりと、息を吐いてください。

体中の筋肉がどんどん、どんどんゆるんでいくのをイメージしながら、吐き出してください。

 

もういちど、ゆっくりと呼吸をしてみてください。

5つ数えるのでまず吸います。少しとめておいてください。

それから、吐いていきますが、一息吐くごとにあなたの体は落ち着き、ゆったりとしていきます。

さあ、5つ数えながら、吐いてください。

湧き上がってくる考えを、ただ、観察してみてください。

それからゆっくりと呼吸を、、

平和と穏やかさを吸い込みます。

少し止めます。そして今度は、あなたの体の中の緊張を吐き出していきます。」

 

呼吸のエクササイズの間、HSBの息子さんが、吸ったり吐いたりするごとにマントラ(「平和」とか「愛」とか「平穏」などの単語)を心の中でリピートすると良いです。もしかしたら、5秒は長いかもしれませんから、彼の快適なタイミングを見計らってください。

それから、漸進的弛緩法は、息子さんの神経経路を落ち着かせるまた別の素晴らしい方法です。

このリラクゼーションテクニックは、もっと深くリラックスすることが、全身の筋肉を使うので視覚的にわかります。

お子さんが楽しめるようであれば、HSPヒーリングプログラムCDを購入するか、www.drtedzeff.comでダウンロードもできます。あるいは、他のリラクゼーションの音源を聞くのも良いでしょう。

あなたの息子さんが他の人たちの気分に簡単に影響されるなら、グラウンディングを習得するのがいいでしょう。あなたが次の文言を読み上げて息子さんに聞かせ、特に学校に行く前や帰宅後であれば、すばらしいイメージワークになると思います。

 

 


 

翻訳後記

 

マントラのことを知らなかったので、調べてみましたら、

瞑想にマントラを取り入れると、雑念が頭の中に浮かんできた時に、マントラを唱えることに意識をを集中することができ、雑念から遠ざけてくれる

のだそうです。

瞑想の練習には、最初から無になろうとせず、まずはなにかひとつのことに集中する

という方法が、手軽に取り組めていいと思います。というのも、私も最初に瞑想に取り組んだ時は、目の前に無機質なものを置いて、それに意識を集中するというやり方を実践していたからです。

たとえば、ただの点とかです。

 

写真とか、品物だと、そのものからイメージしてしまうので、
どうしても集中が脳内のイメージの方に飛んでしまって集中が途切れてしまいやすいので、
意味ないもの、イメージがわかないものにするのがコツです。

ただの点くらいのつまらないものでないと、勝手に想像が動いてしまうんです。

たとえば、ペットボトルのキャップとかでも、想像は始まってしまいます。

(ペットボトル捨てる日、いつだったかな、とか。子供の部屋のペットボトル、そろそろたまってるんじゃないかな、とか)

 

漸進的弛緩法

については、以下のページが参考になるかもしれません。

https://www.nivr.jeed.go.jp/center/report/h3iskd000000257r-att/rirakusiryou7-2.pdf

 

 

次週は、

「センタリング瞑想」(P117~)です。

では!

 

HSP/HSS LABO代表 時田ひさ子

日本で初めてHSS型HSPに特化した心理カウンセラー。
一般的なカウンセリングや心理療法では理解されづらいHSS型HSPの複雑な性格を紐解き、のべ5,000人にカウンセリングを実施している。 自身もHSS型HSPであり、3児の母。

関連記事

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。