HSS/HSPコラム

TOPHSS/HSPコラムHSS型HSPのマスターキーで、働き者競走に参加しないで生きていく許可を得る

2020.05.18

仕事

HSS型HSPのマスターキーで、働き者競走に参加しないで生きていく許可を得る

メールをいただきました。
一緒に読んでいただけますか?

 

時田さん。

はじめまして。
いつもメルマガ配信ありがとうございます。
書き出すと長くなりそうで、なかなか感想を送れずにおりました。

この4月に、初めてHSP/HSSの概念を自分にあてはめたところ、
50年以上の人生の謎がするすると解けまして、まさに私にとってのマスターキーです!感謝!

 

ずっと、なんだか自分が他の人とは違うなぁと思いながら生きてきました。

どこへ行っても、仲間にいくら恵まれても拭えないアウェー感が常にあるのです。

変わった育てられ方をされたのはたしかです、
が!
これってユニークといっていいのか、
それとも自分はひどく劣った人間なのをユニークという言葉で誤魔化そうとしてるだけなのか、
しばしば悩みました。

 

子供のころから、
どうして自分はこんなに疲れやすい怠け者なのか、

マニュアルに沿ったルーチンワークができないのか、

短時間にたくさんの仕事をこなせないのか、

気の利いた振る舞いをしたくてもできなくてモタモタしちゃうのか、

臆病なくせに突如突っ走って周りを置いてけぼりにしたりもするのか、

大好きな夫と過ごしているのにひとりになりたくてたまらなくなるのか、

あれもこれもと手を出して落ち着きがないのか、などなどなど…

 

そう、時田さんと同じく、幼稚園ではお弁当が食べられない子でした。
小学校の給食も高学年になるまでかなり苦労しました。
いろいろ調べて、
ADHDかと思ってみたり、
それにしてはアスペルガーも当たってるみたいだし…
本当に自分が謎の生き物でした。

何かの化身なのかも、とか。はやく人間になりた〜いって。大袈裟ですが。

 

そして、こんな私はめちゃめちゃ鍛えなければ生きていてはいかん!と思ってました〜。
鉄の下駄を履いて砂浜を走ってる感じ?または
私という自動車にはギアが1速と5速しかなくて、アクセルはいつも床板まで踏んで走ってる感じ
とでもいいましょうか、
とにかく力づくで生きていたのですよ。

 

私、このままで本当にいいんですね。

 

疲れてもいいのね〜

いっぱい寝ていいのね〜。

というか、休まないといけない体だったのですね。

もう、働き者競争に参加しなくてもいいんだね。
マスターキーを手に入れたおかげで鉄の下駄が脱げました。これでいいのだ〜!

やっぱり長々と書いてしまいました。
こらからもメルマガ楽しみにしています。

 

このメールを読まさせていただいて、

的確な言葉で語られると腑に落ちることがあるんだな、、と気づきました。

 

働き者競走に参加することが嫌だったことに気づきました。

 

「マスターキー」ってすごい的確な表現だなー

と感動して、この方にメールで「この表現に膝を打ちました!」と送ったら、

なんと、、

「時田さんがメルマガで書いてましたよ」との事でした(笑)

 

わたし的確だったんですね(笑)

そして、すぐに忘れるんですね。しょーもねー(笑)

 

マスターキーで、これまで開かなかった人生の扉があく体験をするお手伝いができているのかもしれないんですね。

お知らせくださったRさん、ありがとうございます。

HSP/HSS LABO代表 時田ひさ子

日本で初めてHSS型HSPに特化した心理カウンセラー。
一般的なカウンセリングや心理療法では理解されづらいHSS型HSPの複雑な性格を紐解き、のべ5,000人にカウンセリングを実施している。 自身もHSS型HSPであり、3児の母。

関連記事

ブレなくなる!
メールマガジン配信中

もっとHSS型HSPのことを知りたい!もっと自分のことを確かめたい!と思われた方は、メルマガをご登録ください。