https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

目の前に大金があっても使えない潔癖さがずるい生き方を否定してしまう

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

わたしは

父の財産をここ何年か管理して来ました。
父が
唯一の財産である賃貸物件の家賃を管理し、
そこの固定資産税の支払いも
父の後期高齢者保険の支払いも
その他借金の返済も、
父の携帯電話の料金も
家賃収入から支払ってきました。
その中から
父の食費、生活費としてお金を預かるのですが
そのお金は
これまで使えませんでした。
ビクビクして受け取っていました。
使っちゃいけないんじゃないか?
と、思いながら、使うんですけどね(笑)
生活費なんて
いらないよー
ご飯だって、三食作ってあげてるわけじゃなかったし。
父は自分でどんどん作って食べることのできる人だったから、あんまり面倒見ることもなかったのに、お金いただいて💰
なんか、悪いなーと
それが、
父が亡くなって、
はっきり変わったこと
それは、
父のものを使わせてもらっている
という感覚ではなくなったということで
お金を使うことに
ビクビクしなくなったということでした。
同じ十万でも、
その十万を自分が納得して使っているか
もらっちゃいけないお金だと思っているかで
使うときにビクビクしなくなったんです
もちろん
かつては
「これは、お金に対するブロックだな」と思って上書きもしてきました。
でもですね、、、
そこ(使うべきでないお金へのビクビクする感情)の部分は
いくら脳内を切り替えても
変わらなかった。
でも、
現実が変わった時、
何もしなくても
勝手に脳内も切り替わったんです。
このことこら思うに
現実に動かせることは、
脳内を書き換えさせてもらえないのかもしれない
と思ったんですよー
もっと先にやるべきことが
あるとき、
脳内の書き換えはもしかしたら
自分に許可しないようにしてるんじゃないかっ??
もし、
怖くて進めないとか
現実を変えることに抵抗がある
という場合に、
初めて脳内やら
体の調整やらをしたらよくて。
先にやるべき事は
体を持って
物質を扱っている以上、
現世でやるべき事は
現実を動かす
ってことなんじゃないかと思いました。
あ、
だからって
父が亡くなって解決した、
とかいうことじゃないですよ(笑)
気がつくための
きっかけになった
ということです。
今日は、土曜日。
昨日の長友ようさんランチ会のことは
次のブログで書かせていただきます
{1F2100A1-C37C-40CD-B5F5-2A72A107BC00}
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です