https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

理不尽な扱いを受けたら怒っていいんですよ

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

こんにちは

 

「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセラーの時田ひさ子です。

 

 

 

「私、あまり怒らないんです」という方に立て続けにお会いしました。

 

あまり怒らない?

 

ああーー、そうかもしれませんね。

 

怒りって、しまいこめるから。

 

しまいこんでいる人は、怒っているのに、それを感じないように抑え込んでいるんです。

 

 

 

 

理不尽な扱いを受けたんです。

 

でも、怒れない。

 

だって、その人はとてもよくしてくれた人だから。

 

 

 

そうですよね。

 

いい人だと思ったから信用したんだと思いますよ。

 

 

でもね。

 

おばちゃんに、一言言わせてもらえます?(笑)

 

 

その人は悪い人ではないのかもしれないけど、あなたにひどいことをしたんです。

 

あなたが思い出して泣けるほどのひどいことです。

 

ひどいことをしたのだから、そのことでその人に文句を言ってもいいんです。

 

「腹が立った」「悲しかった」と言ってもいいんです。

 

 

でも、できないんですよね。

 

 

わかります。

 

私もそうだったので。

 

 

だからこそお伝えできることなのですが。

 

 

自分の中にある怒りを抑え込むのはやめた方がいい。

 

 

怒りは悲しみになって胸を締め付けます。

 

なんでもないときに、思い出して、頭の中をぐるぐる駆け巡るフラッシュバックを起こしたりします。

 

フラッシュバックは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状です。

 

怒りをため込むと、わずかなことに警戒するとか、避けたり、思い出し続けたりする症状がおこります。

 

 

そして、悪いことに、あなたには怒りをため込んでいる自覚がないんです。

 

自覚がなく「怒ることはない」と言い、ニコニコすることがすべてを丸く収める手段だと思っている。

 

それは、確かに今まではうまくいったかもしれないです。

 

でも、そろそろあなたの心が、悲鳴を上げています!

 

 

心の中には、怒りの箱があります。

 

 

 

怒りの箱は、怒りが出ないようにガムテープで絞められています。

 

そろそろそのガムテープを剥がしてください。

 

手伝えますよ。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です