https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

幼稚園で硬直しつづけた記憶はありませんか?★時と場所によって言葉がでない「場面緘黙」の症状

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

場面緘黙というのはご存じですか?

 

 

 

わたしは、もしかしたら、幼稚園で場面緘黙だったかも、、、(笑)

 

 

 

 

と思い当たりました。

 

 

 

 

幼稚園は家から3分ほどの場所にあり、

毎朝母に連れて行ってもらっていたのですが、

幼稚園時代のある場面を鮮明に思いだします。

 

 

 

 

工作の時間、

あさがおの形に切り取られた折り紙を

クレヨンのフタの中に1セットずついれてもらって、

その中から順々に糊で貼りこんでいくものでした。

 

 

 

 

順々に貼りこんでいたものの、

最後に貼るべき朝顔のラッパ型のお花の部分がないことに気づき、

周囲を見回すものの見つからなくて、、、

 

 

 

 

なかなか先生に言いにいくことができませんでした。

 

 

 

 

ドキドキして硬直していると、

工作の時間が終わってしまい、

みんなは歌を歌い始めました。

 

 

 

 

机の上に工作の道具が置いてあるのは自分だけ。

 

 

 

 

まだ工作が終わっていないのは私だけで、

先生に言いに行かなきゃいけないのに、

歌うこともできず、

ただただ茫然として立ちすくんでいました。

 

 

 

 

前でオルガンを弾いている先生のところに、

少しずつ近寄っていき、

泣きながら言葉も出なかったのが、、、

5歳ころの記憶です。

 

 

 

 

、、、、緘黙児だったかも(笑)

 

 

 

 

 

それで、

緘黙児とHSPの関係について検索してみたところ、

こんなブログを発見しました。

 

 

 

 

自分を表現できなくて、

メタメタだった幼児時代をお持ちの方、

参考になるかもしれません。

 

 

https://blog-imgs-123.fc2.com/i/d/o/idousuru/blog_import_5c0aea2620d7d.jpg

 

 

 

緘黙は症状で、

HSP特性を持っている人の一部がある時期陥る症状なのではないかと思われます。

 

 

 

 

参考:かんもくネット(http://kanmoku.org/index.html)

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です