https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

HSP「勝って兜の緒を締める」があなたの幸せを遠ざけている!

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは(´∀`)

時田ひさ子です。

 

 

ガッツポーズ、しますか?

 

人に悪態をつけない方が、さらに苦手なことがこの「ガッツポーズ」です。

 

苦手ですよ。多分。

 

その理由を、今日は野球の鬼コーチにたとえて解説してみたいと思います。

 

 

まず、最初に、考えてください。

 

ガッツポーズをするとき、この吹き出しに入れるのはどんな言葉でしょう?

 

「よっしゃ!」ですよね。

 

「よしっ!」かな(笑)

 

どっちでもよしです(笑)

 

人を悪く言えない方は、このガッツポーズをするという行為、苦手なんです。

思い当たりますか(´∀`)

 

 

このガッツポーズというアクションは、自分の行動を褒め称えるときにすることなんです。

 

仕事で商談がうまくいったとか、計画通りにことが運んだりしたときに、こんなガッツポーズをするイメージですね。

 

ところが、人を悪く言えない方は、大きな商談が自分の働きによって成立したって、このガッツポーズをするに至りません。

 

計画通りにことが進行していたって、「よっしゃ!」なんて思わないんです。

 

 

こんなとき、人を悪く言えない人の頭の中で、 なにが起こるのか?

 

「勝って兜の尾をしめよ!」という言葉が鳴り響いています(笑)。

 

頭のなかでは、鬼スパルタコーチが試合終了後の反省会をしている状態です。

 

「おまえら!こんなもんで調子に乗るなよ~!次の相手は、さらに強いんだから、気を引き締めて行けよ~!!」と、黄色いメガホン持ってひとりひとりの頭をたたいていっています(笑)。

 

ここで、お調子者の1年生が、空気を読めずにガッツポーズなんてした日には・・・・

 

鬼コーチが激怒して、つかつかと寄ってきては、大きなメガホンで力いっぱいなぐられます(笑)。

 

なので、ガッツポーズはしてはいけない。

 

どんなに 5回コールドで さらりと勝ったとしても、自画自賛してはいけないのです。

 

なので、人を悪く言えない方は、ガッツポーズしません。

 

「いやいや、まだまだです」と謙虚にふるまいます。

 

 

 

でもこれ、危険です。

 

謙虚でありつづけると、拗ねます。

 

誰が拗ねるか?

 

それはもちろん、自分がです。自分が拗ねます。

 

「どーせ俺は褒められない」という気持ちになります。

 

 

こういうときには、なにかがうまくいったらガッツポーズです!(笑)

 

もちろん、人目につかないように数センチ腕を引くだけでいいんです。

 

あんまり大きなガッツポーズは、大変目立ちますから(笑)

 

 

行動を先にすると、あとから気持ちがついてくることがあります。

 

人を悪く言えない方は、ご自分の気持ちに気付くことが苦手な場合が多いんです。

 

こういった「自分、褒められて当然」な場合でも、同様です。

 

「ほめて、ほめて。僕偉い?」を、ガッツポーズをやることで自覚するんです。

 

 

だって、きっとこの「褒めて、褒めて!僕、偉い?」をやることを否定されてきたから、ひっこめてしまっただけだからですね。

 

拗ねて、ひっこめてしまった。

 

もう、二度とやるもんか。って。

 

 

小さなガッツポーズは、あなたの拗ねをきっと溶かしてくれますよ。

 

 

 そんな時田ひさ子の「考えすぎ脱却カウンセリング」は、イオンのイベントが穴場です。

6月11日(土)イオン多摩平の森にてママフェスに出展
カウンセリングお試し20分セッションのご予約はこちらから

 


「感情を押し殺す自分」は卒業!本音カウンセリング

「人に意見されると、凹みやすい」
「自分の好みを主張できない」
「期待されるとボロボロになるまで頑張る」

といった心の癖を感じられている方にカウンセリングをしています。

 


FBページ「マインドブロックバスター立川・八王子プレミアム校」ページ
これまでのカウンセリングを受けられた方々の感想をご紹介しています

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です