https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

凹む必要なんて全然ないです!「私を構成する成分」を診断するだけで自分を垣間見られる

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは
私を構成する成分チェック!
というのをやってみました。
これ、やってみてくださいよ〜
 
▼私を構成する成分は・・・

\あなたはなにでできている!?/
 
やってみていただけましたか?



診断を待っている数秒間。
何を考えていました?



わたしは、その数秒間
怯えていましたよ、、、(笑)



たかだかアメブロのネット診断で、
「どうしよう。図星だったら」とか
「かんがえるのやめよう」とか
なんかいろいろと考えまくりでした(笑)



そして、出てきた診断を読んだ後は一気に「共感」「同意」してました。



何が出ても、「当たってる」と思ってしまうし、あと、「当たってる」と思いたがる
んですね。わたし。
というのも、
ネタバレしますが、
二回やったら違うのが出てきます。
わたしの場合は、
1回目は、「優柔不断」で「ドロドロ
」が出ましたが、このときも「確かに、そういうところもある」と納得してしまった。
ですが、2回目予想外の「毒舌」100%が出ましてね。
そこで、はたと気づいたわけです(笑)
なんだ、名前関係ないじゃん(笑)て。
家族全員の分を試しにやってみましたが、それぞれの診断結果に、真摯に「当たってる」と思っていたんです。
これ、どういうことかというと、
「そう診断されちゃったらきっとそうなんだろう」くらいの「相手主導」だったんです!!
こんな、プログラムされた診断にさえ、
「そうそう、おっしゃる通りですねーー」とおもねようとしてるなんて、、、(笑)
それほど
この「相手に合わせようとする」「相手
に同意しようとする」をやっているのかと興味深い発見になりました。
昨日の
石原元都知事の、会見と真逆!
あの石原さんの「俺は俺」「間違ってない」感のほんの10%でも持ち合わせていたら、全然違うキャラで、全然違うじんせいだったでしょうね。
この
HSPならではの人の言うことを受け入れるという特性にも、もちろん長所はあります。
相手が嫌な気持ちにならないように振る舞う
気遣いができる
という良さです。
その良さを、HSP特性を肯定的に受け止めることで、自分に対する発見が増え、認められるようになります。
肯定的に受け止めることを
一緒にやってきましょう。
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です