人と比較してひそかに落ち込むとき「モヤッとする」についてしいたけ占いさんが参考になります"> https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

人と比較してひそかに落ち込むとき「モヤッとする」についてしいたけ占いさんが参考になります

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら
しいたけ占いって
ご存知ですか?
 
 
 
ただの占いじゃないんです。
超人気の占いしさんです(笑)
 
 
 
なんというか、
図星
なんですよ(笑)
 
 
 
たとえばわたしは、牡牛座なんですが、
「わたしを見てたんじゃない?」
と思います(笑)
 
 
 
そんな(どんな(笑))しいたけさんの見解で
ぜひとも伝えたいと思ったことがあるので
引用させてもらいます。
 
 
 
人はなぜ、
自分のことを「わかってもらいたい」と思うのか。
 
 
そんなのは、
みんな人が寂しさを本質的に抱えているからだと思うのです。
 
 
そして、この「寂しい」っていう感情って本当に強大です。
 
 
「いや、自分はそんなに今寂しくないっすよ」
と答える方も、
たとえば会社とかで会議があったとして、
いつも自分に意見を求められないで、
自分の隣にいる山田さんに
「じゃあ山田さんはどう思う? 」
って聞かれ続けたらどう思います?
 
 
多分本当にそこに「いる」のが辛くなっていくじゃないですか。
 
自分が今
そこに「いた」としても、
相手の心の中に自分が「いない」と、
人って「いない」と同じになってしまう。
 
 
だから
人って本質的に「寂しい」という部分があるはずだし、
寂しいからこそ、
相手の心の中に自分を残そうと必死な努力もする。
 
自分という人間をどう認知してもらって、
どう、なるべく上手く人と上手く関係を続けていくか。
 
これしか大事なことってない
ぐらいに
適度に「いる」
って大事な問題だと思います。
 
 
これはだから
ここでは簡単に「こうすれば良いです」なんて答えられない。
 
話がどんどん拡がっていってしまうので
もうこの辺で締めたいのですが、
人間関係を上手くやっていくために、
人間関係の中で適切な居場所を見つけるために、
僕たちは仕事とか、プライベートとか、色々な関係の中で
傷ついて、挫折して、学んで、成長していくのだと思います。
 
 
話がまとまっていなくてすみませんが、、、、
 
 
 
このあたりで
はたと気づいたんですが、
もしかして、しいたけさん
かなりの深読みだし
相当鋭いところ付いてくるし
話があちこちに飛んでいってしまうし
話始めたら、どんどん広がってしまうその感じ。
もしかして、、
HSP/HSS?(笑)  ←ちいさ・・・・
 
 
 
ま、いいや。それは(笑)
 
 
 
きっとそうであろう(笑)
 
 
 
で、ほんとに
核心的に伝えたいのはこの部分下矢印
 
 
たとえば会社とかで会議があったとして、
いつも自分に意見を求められないで、
自分の隣にいる山田さんに
「じゃあ山田さんはどう思う? 」
って聞かれ続けたらどう思います?

 

 

よく、

HSP/HSSさんのご相談のなかに出てくるんです。

こういう場面のことが。

 

 

 

どういう場面かというと、

「自分じゃない」

ことに凹むという場面です。

 

 

 

そこで、評価されているのが

自分でないとき。

 

 

 

自分のとなりの山田くんばかりが

「すごい、すごい」

って言われてて、

自分はその場にいるんだけれども

山田くんを一緒に褒めなきゃならない場面のとき。

 

 

 

自分はどう振舞ったらいいんだろうか?

という悩みです。

 

 

 

身の置き所がないうえに、

嫉妬心でいっぱいになるんですよねー

 

 

 

すんごくわかる!

 

 

 

ものすごく「もやっとする」んです。

 

 

 

しいたけさん的には、

適度に「いる」
って大事な問題
であると。
 
 
 
そこに、自分を適度に置いておくこと
その場の自分がどういう位置にいるかとか
自分にスポットライトがあたっていない場面でどんな心の状態でいたらいいのかといったら、それは、、
 
 
 
簡単に「こうすれば良いです」なんて答えられない
ことで、
そんなに簡単じゃない。
もしかしたら、わたしたちは
適度に「いる」ために
傷ついて、挫折して、学んで、成長していく
 
 
んであると。
 
 
 
人生をかけて、
一生をかけて、
適度に「いる」ことが
できるいい塩梅をみつけていくもんなんだ。
と。
 
 
 
稀代の占い師であるしいたけさんは
そう
おっしゃるのですわ。
 
 
 
なるほど。
「解決したい」と思うその「適度にいる」ことの課題は、
そんなにすぐに解決しないんだからさ、
まあ、
のんびり流れにのって行ってみようぜ!
 
 
 
 
みたいな?(笑)
 
 
 
結論は出ませんが(笑)
取り組む課題は大きいってことみたいですね照れ
 
 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です