https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

メンタルケアには体から!原始反射からみるHSPが楽になる仮説♡

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~

 

人口のたった6%しかいない!!

好奇心旺盛で行動的なのに繊細で感動屋の複雑な性格を紐解き、
もともと持っている能力を発揮させる研究家流れ星

時田ひさこです。

 

IMG_0615.JPG

 

 

 

繊細で傷つきやすく、

感受性が強い特徴をお持ちの方には、
研究が好きな方が多いなぁ
 
 
とお会いする方ごとに思います。
 
 
 
先日、お話させていただいたSさんも
そんな研究熱心な方でした。
 
 
ひとつのことを調べていると、
どんどん色々と知りたくなり、
枝葉のように興味が広がっていってしまう感覚だと思います。
 
 
 
それは、わたしも
感じることがあります。
 
 
 
特に、夜中にやってしまいがち(笑)
邪魔されずに、思考の枝葉を広げていくことができますからね~♪
 
 
 
Sさんとは、音声通話のみだったんですが、
自説を語りだしたときの声の艶が違うんですよえ゛!∑!!
 
 
 
もう、ツヤッツヤきらきらキラ
 
 
 
それ以外は、
おとなしめにゆっくりお話されているのですが、
研究についてお話されるときはなんというか、、、
 
 
 
熱がこもるんです!!
 
 
 
そんなSさんが、
後日、
「発見したかもーーー!」と
お知らせくださったのが、
「原始反射」がどのくらい残っているか?で、
発達障害とか、
HSPとか
HSSとか
私達が呼びわけているんでいるのではないかしら?
 
 
 
ということでした。
ね、研究好きぽいでしょーきらきら
 
 
 
メール掲載許可いただきましたので、
以下、Sさんのメールをそのまま載せます!
 
 
 

時田さん、先日はお電話ありがとうございます。
気が向いた時にお読みください、私の仮説なので。

電話の後、とある方のブログで、

「原始反射」というものを知りました。

赤ちゃんが生き残るための、身体の反射です。

この原始反射が、生後1、2年を過ぎても残存していると、

生きづらさや困りごとにつながることがある。

原始反射は種類が7~9種類あるようですが、

二大反射が、

恐怖麻痺反射」と

「モロー反射」。

この2つ(どちらかでも)残存していると、

過敏性があるとのこと。

恐怖麻痺反射とは

受胎5週目からおこる、胎児が母体の危機の際、

身を固めて守る反射です。

モロー反射は、

生後半年位まで、赤ちゃんが大きな音にびっくりした時などに、

手足を大きく広げ、その後丸くなる反応です。

ここからは私の仮説です。

 

ブログを読んで本を買ったのですが、

本は「発達障害は発達する」という内容なので

HSPは一言も出てきません。

しかし、

恐怖麻痺反射、モロー反射が残存した場合の症状

赤ちゃんの反射のやり残しなので、誰でも大なり小なりあると思います)は、HSPの人にもかなり当てはまります。
 

モロー反射の残存の症状に、ADHDもあります。

丸暗記が苦手など学習障害も。

この原始反射が誰にどのくらい残っているかで、

発達障害とか、HSPとかHSSとか、

私達が呼んでいるのではないでしょうか。

情緒が問題なかったか、

情緒が敏感すぎる人達がHSP/HSS、

情緒に問題が出て人の表情が読みとりづらいのが、

発達障害の方達かもしれません。

読んでて興奮してしまったので、

時田さんに仮説を送ってしまいました、スミマセン。

HSPは遺伝と環境が半々ですから、

全てとはいきませんが、

辛い症状が身体アプローチから軽減したら、嬉しいですね。

恐怖麻痺反射は、背面が固まってるので、とにかく背面を弛めること。

背中をゆらゆらしてもいいですし、

肩甲骨が固いので

腕をグルグル根本から動かすとか。

モロー反射はまんま、

ヒトデのポーズとありました(文章が長くなるので割愛)。

瞑想ももちろんですが、

こういった身体アプローチも試してみることにします。

 

 

辛い症状が身体アプローチから軽減したら、嬉しいですねーーキャー

 

 

 

メンタルをケアするには、

からだを一緒にケアしていくと効果も高いし、

メンタルが落ちにくくなります。

 

 

ヨガやっていることが

メンタルが落なくなった理由のひとつかもしれませんキラリくま右

ご参考ブログ

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. はる より:

    SECRET: 0
    PASS:
    原始反射の残存が、性格や環境、考え方の癖などと
    影響し合っている説、とても納得です。
    この間、アメトーークという番組で
    ビビリ芸人をドッキリにひっかけるというのを見ましたが、残存しているからかもと思いました。
    本人が気付かなくて、
    hspや発達障害だと自覚がなくて
    なんとなく生きづらいと感じている人は
    世の中たくさんいるかもしれませんね。

  2. 広野 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    HSPについて調べているうちにたどり着きました。
    身体からのアプローチ、実践的にやってます。経験則ですが、わりと効果あるようです(^_^;)
    ブログ楽しみにしていますm(_ _)m

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >はるさん
    こんにちは
    ビビリ芸人の会をわたしも見ましたヽ(´▽`)/
    関係ありそうだなーと思って見ていました(^O^)
    彼らは、それを生きる術(お金)に替えているので、「能力を活かしている」ほうに入るのかもしれないですね~

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >広野さん
    こんにちは
    お会いできてうれしいです!!
    メンタルが発達しているというか、思考が速いので、どうも身体をおろそかにしている傾向の方が多い気がします。身体も自分の一部なんだと受け入れるきっかけになるのが、それまでのやり方がうまくいかなくなる頃なのかもしれません。
    ブログもぼちぼち書きますので、よろしくお願いします(^O^)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です