https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

マイナス思考がとまらない!それは脳の配線を変えるしかない!1つ目の方法はこれだ!

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

頑張っても頑張っても実績作っても自信をつけられなかったのに、脳の配線を変えたら解決する!

↑で、自己肯定感を上げる戦いについてお伝えしました。

 

 

 

 

自己肯定感をあげるには、
1。瞑想してマイナス思考を抹消すること
 

それから
 

2。セルフイメージ

 

それから
 

3。ときどきそれがホンネかどうか
書き換えができているかを確認すること
ができるとよくて、これらを継続的に行うことが
脳の配線をしなおすことになる!

 

について詳しくお伝えしてみたいと思います。
 

 

まず1。瞑想してマイナス思考を抹消する!

についてです。

 

自己肯定感が低い人は、
マイナス思考を助長してしまう思考パターンを持っています。

だからポジティブ思考をいきなりしようとしても、
できないのです。

 

いきなりポジティブになるのではなく、
瞑想で思考を一旦手離して、

フラットな自分に戻る。

ホームポジションに戻すんです。

 

ホームポジションにいると、
気持ちに余裕がうまれます。
そうなったとき、可能ならばポジティブに考えてみる。

 

🌟🌟🌟

たとえば、

ネガティブな思考回路を持っている人は、
「◯年後の夢を考えましょう!」と言われたとき
その夢を心のそこから信用することができません。

 

どこかで「こんなの叶うはずがない」と考えてしまうのです。

 

あなたは、

夢のイメージを紙に貼るワークなどをやったことはありますか?

 

欲しい車や、
豪華な一軒家や、
欲しいブランドバッグや服
旅行したい場所などの写真を
紙に貼っていくワークです。

 

視覚化することで、

夢を現実にちかづける効果があると言われています。

 

わたしはこれをやったとき
貼り付けながら「わー、いいなぁ。、、でも、貼っただけで簡単に手に入るわけないし」と考えてしまっていました。

 

これでは、せっかくの視覚化も
叶うわけがないです。。😞

 

でも、もしも、このワークを無心でやっていたらどうだっただろう?

なにも評価せず、
ポジティブもネガティブもなくやっていたら、
今頃。。。

 

ふふ(笑)( ̄∀ ̄)

 

🌟🌟🌟

1。瞑想してマイナス思考を抹消すること

 

には、マイナスの思考回路を遮断する効果があるのです。

だから、
フラットな状態を維持できるようになります。

そうなってから、ポジティブな言動を積み重ねることで、自己肯定感はだんだんと強くなっていく、

 

というしくみですね!

 

お試しください💓

 

明日は
2。セルフイメージを上書きすること
について詳しくお伝えいたします!

 

では(o^^o)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です