https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

【HSPの前に立ちはだかる壁】他人を頼れ!

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~

人と違うことがバレないように

がんばって普通のフリをしているHSPのための

潜在心理のメッセンジャー 時田ひさ子です。

 

BeautyPlus_20161112152333_org.jpg

 

寒いですねー

わたしは今日は、店番です(笑)

HSPさんは、
他人の顔色がDAIGOばりに瞬時に読めるので、
ひとに頼ることへの抵抗感が大きいんですよね

 

*メンタリストDAIGO

 

 

 

 

ひとに迷惑かけちゃダメ!

ひとりでなんとかしなきゃ!

なんとかやればできる!

 

 

 

そんなコトバで生きてきたのがHSPさんです。

 

 

 

 

 

だから、
ひとになにかを頼むことは、
相当のプレッシャーなはず(笑)!

 

 

 

 

でも、
ひとに頼めるようになってみると
世界が180度変わりますよ!

 

 

 

今日は、
無意識を変えるには、
他人の力が不可欠

という話をしますね!

 

 

 

最後まで読むと、
わたしに会ってみたくなるはず(笑)

 

 

 

「いつもお母さんの顔がプレッシャー」
というAさんとお話させていただきました。

 

 

Aさんは
自分の力と努力で
自分の人生を切り開いてこられたど根性の方で(笑)

 

 

 

「最近、お母さんが機嫌が悪い」ので
「はやく安心させてあげなくちゃ」と思って焦っておられました。

 

 

 

そこで、
「ひとりごと」セラピーと
アドラー心理学の子育て法由来の声かけ法と
メンタルブロックの入れ替えと
「インナーチャイルドセラピー」

の「いいとこ取り法」(笑)を伝授しました。

 

 

 

どうやるかって?

 

 

 

いつも書いていることです・・(笑)

 

 

 

ブログやメルマガに書いていることですよぉ(笑)

 

 

 

あ、戻ります

 

 

 

 

HSPさんは、他人のことを
自分のことのように感じてしまいやすい

という特徴があります。

 

 

 

この特徴のせいで、
ご両親の気持ちを汲んでしまいやすいので、
まず、
「自分」と「親」とに境界線を引きます。

 

 

 

 

そして、
境界線のむこうにいる
「イメージのなかのお母さん」に話しかけるんです。

 

 

 

イメージのなかのお母さんだったら、
現実のお母さんと違って、
いやなことを言われても、
人間関係が悪くなることはないですから
安心して
話ができます(笑)

 

 

 

そして、

 

 

 

次は、アドラー心理学です(笑)

 

 

 

アドラー心理学的に
イメージのお母さんの話を聞いてみるんです

イメージのなかのお母さんは
愚痴をこぼしたり、
要望を言ってきたりするかもしれませんよね。

 

 

 

そのときすかさず
気持ちを汲んで耳を傾けていきます。

 

 

 

でも、
そんなことをやっていると、
聞いている側のひとの感情が
モヤモヤしてくるんですよね

 

 

 

なので、
その「自分の感情のモヤモヤ」は
今度は、
メンタルブロックを入れ替えて消していきます。

 

 

 

 

そしたら、
Aさん、
何に気づかれたと思いますか?

 

 

 

すごいですよ!

 

 

 

「母の機嫌が悪いのは、
自分のせいだと思っていた」

 

 

&
nbsp;

ということに!!

 

 

気づかれたんです。

 

 

 

 

お気づきかとは思いますが、
Aさんのお母様は
Aさんのせいで不機嫌なわけではないです。

 

 

おそらく、
いろいろなことで
機嫌が悪いのだと思います。

 

 

 

もしかしたら、
機嫌が悪いということさえ
思い込みかもしれません。

 

 

 

 

でも、Aさんだけは、

「母が機嫌が悪いのは自分のせいだ」

と思い込んでいました。

 

 

 

 

この無意識の思い込みが
実はちがうかもしれない?

ということに一回気づくことができたら
あとは、、、、

 

 

 

 

気付き続けるだけです!

 

 

 

「あ、また、わたし、お母さんの眉間のシワをみて、自分のせいで機嫌が悪いんだと思い込んでた!」

「あ、まただわ!」

って。

 

 

 

 

 

気づいたら、また、イメージのなかでお母さんとお話していただき、
モヤモヤしたらメンタルブロックを入れ替えるんです。

このAさんの気付きは、大きいです

 

 

なによりも、ご本人が自分で気づかれたことが、大きいです

 

 

 

声を大にして言いました。

 

 

文字も大きくしてみました。(笑)

 

 

 

さて、
本題に戻ります

 

 

 

 

この無意識にある思い込みは
「考えて出てくることではない」
のです

 

 

 

自力で、考えつくことはできないのです

 

 

 

 

「親の不機嫌は自分のせいじゃない」に
気づくには、他人の協力が必要です!

 

 

 

思いっきり、
他人の力を借りましょう!

 

 

 

えっと、

カレンダーを見てみたんですが、

・・・あと、40日ほどで今年も終わりですΣ(゚д゚lll)ヤバ

 

 

気持ちよく今年を締めくくるために、

思い残しがないよう。

 

 

やれることをコツコツやっていきましょう!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です