https://hsphsslabo.com/wp-admin/themes.php

3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服ブレなくなる「ブレーん塾」

「無理しないで」の意味がわからないんだな♡

HSP/HSS LABO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

{14B1B66A-F6DE-46D2-86B2-8EFE1E795346}

セッション部屋の椅子が緑で可愛い😍

疲れていても、
やらなきゃならないことは
もう一踏ん張り!
と無理にでもやってしまっていた時田です(笑)
だから、いつもゲロゲロに疲れてました(笑)
{20E572D2-E1D2-427D-B2FE-D9855FAF8FDC}
今は、
「体はわずかな違いにも反応するんだから、体の言うことをよくきいてあげて!」
なんて偉そうに言ってますけど
わたしは42歳までは、
体のいうことなんて、
ひとつもきいてなかったです(笑)
だから、
かつては「無理しないようにね!」
という言葉の意味がわかりませんでしたわ。
「無理しないでね」って、
社交辞令だと思っておりました(´□`。)
だって、そもそも
「ちょっとぐらい無理しないと、
認めてもらえない」
って信念で生きてきたからです。
(他人軸なので、褒められることに比重がありました)
褒められるには
抜きん出る必要があって、
抜きん出るには
人並みの努力ではダメだから、
無理しつづけるのが自分だ
というセルフイメージがあったんです。
だから、
それを守ってきました。
HSP/HSSには、
そう考える人が
多いなーと思います。
小学生のとき、
水泳指導の先生に
こんな話を聞いた覚えがあってね、、、
子供達が
あと少しのところで
目標を達成しないのを
歯がゆく思ったんでしょうね、、(涙)
{A409059D-D7F3-46F4-A2C2-EBD18E73947B}
おばちゃん先生が、
みんなに話をしたんです。
「水泳で、
もうちょっとだってところで
立ち上がったらもったいないわ!
立ち上がりたくなったら、
あと一回だけ手を出してみてごらん。
苦しくなったら、
『これで最後!』
というヒトカキをしてごらんなさいな。
『これで最後』『これで最後!』
って思ってかき出していたら、
知らないうちにゴールしてるから!」
という話。
当時、中身がこまっしゃくれだったわたしは、この話を聞いて、こう思ったものです。
「なんじゃ、そりゃ」(笑)
あとヒトカキできる力と技術があるなら、
最初からゴールまで泳げてるわい!
という反発っぷり(笑)
(もちろん、いい子だったので、
そんな態度はおくびにも出しませんです)
ところがね、
その産休代理のおばちゃん先生の話は、
それから40年たった今でも覚えているというのはどういうことなのでしょう(笑)
いま思い出しても、
おかしな話だな
としか思わないんですけどね、、(笑)
おばちゃん先生の話はともかく、、(笑)
わたしは
無理しないでいいんだよ、
とは思わないです。
無理して頑張って、
自分の可能性を大きく伸ばす時期も必要だと思うです。
それは、
35くらいまで。たいがい(笑)
でも、それ以降は、
それまでの無理はきかなくなるっす(笑)
40超えると、
本気でやり方を考え直さなきゃならなくなります。
そのとき初めて、
無理しないことが
体の声を聞くことであり、
自分の中からの声に耳を傾けることだってわかるからです。
だから、
無理しておいて。

それで、
40超えて、
「このままじゃダメだ!」
と思ったときに、
声かけていただければ幸いです♡
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/HSS LABO
3か月で凹む時間を劇的に減らせる! 傷つきやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」の時田ひさ子です。 人口のたった6%しかいない! 好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です